ホーム > 特集一覧 > 30代前半エンジニアのキャリア形成術

最後の転職だから失敗したくない

30代前半エンジニアのキャリア形成術

所要時間1分 30代前半エンジニアのための個別相談会に申し込む(無料)

今後のキャリアに悩む30代前半のエンジニア

30代前半は、年齢的に転職が難しいと言われる35歳を目前にして、今後のキャリアを真剣に考える方が多くなります。
がむしゃらに働いていた20代とは違い、30代になると、今後10年~20年先までを見越した自分のキャリアや、ご家庭のある方はお子様の養育費や家族との時間を意識する時期です。
キャリアの岐路として今後の人生における大切な選択の時期であるからこそ、キャリアや私生活でお悩みを抱える方は多くいらっしゃいます。

Check it!

30代前半のエンジニアの方 こんなお悩みありませんか?

  • 年齢的にラストチャンスだから、後悔の無い転職にしたい
  • 自分の進むべきキャリアが分からない
  • 40代~50代になった自分の働く姿が描けない
  • 今後どんな「技術・スキル」を身に着けるべきなのか
  • 子供の教育費用に備えるために年収アップしたい
  • 家族のために、残業時間を減らしたい
  • そもそも転職すべきかどうか悩んでいる
  • 開発~運用まで広く経験はしたが、特に強みが無い

30代前半の「転職」の在り方とは

「転職は1つの選択肢」に過ぎません。

転職はあなたの望む人生を実現するための1つの手段に過ぎません。
30代は今後自分がどの道を究めるかを真剣に考える、また自分だけではなく、家族のことも考える必要がある世代です。
自分のキャリア家族の生活双方の視点から、自分の進むべき道を明らかにした上で「転職」がそのための有効な手段となりうるのかを判断すると良いでしょう。

まずはあなたの進むべきキャリアを決めましょう。

あなたの今は過去の延長線上にあるものです。
今後のキャリアにおける選択肢を広げ、後悔のないキャリアを描くためには実は今現在の仕事で、正しい方向に向かって努力をすることが必要不可欠です。
そのためには、一度自分のキャリアの棚卸をして、客観的に自分を見ることをおすすめします。
過去、そして今の自分から、将来どんな道に進むべきかが分かることもあるのです。

エンジニアファクトリーの特長

多様な選択肢の中から、あなたの「進むべきキャリア」をアドバイス

従来では、30代以降はプロジェクトマネージャー等の管理職しかキャリアが無いという状況でしたが、現在ではエンジニアのキャリアが多様化しつつあります。
業界の実態を熟知した専門のコンサルタントがIT・WEB業界だけではない一般の事業会社での社内SEやシステム開発職を含め、多岐にわたる業界・職種の中から、あなたの経験が活かせる場をご提案いたします。

  • ITエンジニア
    高度な技術を要する「上級PG・SE」や、後輩教育に携わる「エデュケーション」など、30代以降もエンジニアとして、キャリアが歩めるようになりつつあります。
    また、上記とは別にPG・SEの経験を活かして、「ITコンサルタント」「ITアーキテクト」「アプリケーションスペシャリスト」 「プリセールスエンジニア・営業」など、幅広い選択肢がございます。
  • WEBエンジニア
    幅広くスキルが求められる「フルスタックエンジニア」、高度な専門知識を持つ「エバンジェリスト」、「UI/UXエンジニア」など、 WEB技術の高度化により様々なキャリアが生まれています。
    また、業務系のシステム開発に従事した方には「ITアーキテクト」や「アプリケーションスペシャリスト」など、IT寄りのキャリアも選択肢として残されています。
転職活動とは関係なく、キャリア形成に役立つ情報もご提供

転職は1つの選択肢に過ぎない以上、転職活動のみに役立つ情報をお話ししても、あなたにとって有益ではないのは明白です。
エンジニアファクトリーでは、転職活動のみならず、キャリア形成に役立つ情報(業界動向、求められる人材、最新技術など)も含めてアドバイスいたします。

  • ITエンジニア
    エンジニアファクトリーでは、2次請け3次請けといったソフトハウスのレイヤ構造、SIごとの強みや弱み、IT業界のゼネコン体質などIT業界の実体を熟知しています。
    日進月歩なIT業界において、企業が「今」どんなエンジニアを必要としているのか、また、エンジニアが「今後」どんなキャリアを積んでいけばいいのかをアドバイスいたします。
  • WEBエンジニア
    WEBエンジニアは、プライベートの開発実績が評価されたり、様々な勉強会が開かれたりするなど、企業以外で自分のスキルを磨いたり、実績を積んでいくといった流れが主流になりつつあります。
    一企業に囚われない、多様なWEBエンジニアのキャリアや、最新の技術動向・開発手法などホットな話題をご提供いたします。
転職すべきでないと判断した場合には、転職をお勧めいたしません。

転職は、あなたの進むべきキャリアを実現するための一つの手段に過ぎません。
ですから、個別カウンセリングの中では、現在お勤めの企業でキャリアを実現するという選択肢も含めて、あなたにとって最適な方法をアドバイスいたします。

所要時間1分 30代前半エンジニアのための個別相談会に申し込む(無料)

転職者の声

  • システム構築~運用までの浅く広い経験が強みになると知りました。浅野さん 31歳 男性(仮名)

    • 前職

      中小ソフトハウス
      年収:420万円

    • 現職

      中小ソフトハウス
      年収:430万円

    私はいままでシステム構築~運用の経験はありましたが、取り立てて優れたスキルは無いと思っていました
    エンジニアファクトリーを利用した所、「長期間同じPJTに努めた経験で、転職先でも長く真面目に働くという印象をアピールできる」とアドバイスを頂きました。

  • エバンジェリストという自分の天職に巡り合えました。竹尾さん 31歳 男性(仮名)

    • 前職

      WEBサービス開発
      年収:450万円

    • 現職

      WEBサービス開発
      年収:480万円

    「プログラマはどうにも自分の性に合わない」と薄々感じていた自分は35歳を目前にして転職活動を始めたのですが、自分の希望は漠然としていました。
    エンジニアファクトリーでは、最新のIT技術の動向を知るのが大好きな自分の特性を踏まえて、「エバンジェリスト」という最新のIT技術やビジョンを説明する仕事を紹介して頂けました。
    今はとある大手IT企業でエバンジェリストとして充実の日々を送っています。

  • 自分の頭に無かった、「ITアーキテクト」というキャリアをご紹介頂けました。村山さん 34歳 男性(仮名)

    • 前職

      業務系WEBアプリケーション開発
      年収:580万円

    • 現職

      ITアーキテクト
      年収:640万円

    前職では、業務系のWEBアプリケーション開発をしており、今後はエンジニアとしての道を究めるべきか、それともプロジェクトマネージャーの道に進むべきかを悩んでいました。
    エンジニアファクトリーでは、この2つの選択肢に囚われず、自分が取りうる可能性のある選択肢を幅広く捉えた上で、ITアーキテクトという職業が自分の経験と親和性が高い部分があると教えて頂きました。
    自分の考えていた選択肢以外の所から自分の進むべきキャリアが決まったというのは自分でも驚きました。

  • キャリアアップのために取りうる選択肢の中から、一番最適なものを選べました。高橋さん 33歳 男性(仮名)

    • 前職

      SIer
      年収:650万円

    • 現職

      ITコンサルタント
      年収:720万円

    前職はSIerで、2次請けの立場でPJTに参画していました。
    住宅ローンや家族の生活がある中でさらなるキャリア/年収アップを目指して転職を検討していました。
    エンジニアファクトリーでは、年収アップを実現する選択肢として「ITコンサル」「プライムの立場で関わるSIer」「技術者としてスキルアップ」「外資系IT企業」などの選択肢の中から、自分の今までのキャリアや希望と照らし合わせた結果、 一番自分にとって年収アップの実現可能性の高いキャリアに絞ることができました。

  • PM、提案折衝経験の両方を積めるキャリアを実現できました。福田さん 33歳 男性(仮名)

    • 前職

      WEBエンジニア
      年収:450万円

    • 現職

      自社サービス開発
      年収:480万円

    「B to Cの開発でプロジェクトマネージャーとして働きたい」という希望を持ってはいたものの、40代、50代で身の回りでプロジェクトマネージャーをしている人はおらず、果たして自分の希望は本当に正しいのかという疑問を持っていました。
    エンジニアファクトリーを利用した所、PMに加えお客様への提案折衝経験も積めると40~50代のキャリアの選択肢が広がるとのアドバイスを受け、プロジェクトマネージャーをしつつ、提案や折衝経験も積めるポジションを複数紹介して頂けました。

  • 「転職するなら2年後が勝負」とのアドバイスを頂けました。森谷さん 30歳 女性(仮名)

    • 前職

      ソフトハウス
      年収:450万円

    今年結婚し、今後は子育てもする必要があることから、下請けから、自社サービス開発に転職したいと思いました。エンジニアファクトリーに相談した所、現在の企業である開発のスキルを2年程度かけて磨けば、よりキャリアアップが出来るとのアドバイスを受けました。
    まだ子供はいないため、2年間現在の企業で開発スキルを磨き、2年後に再び転職を検討するつもりです。

所要時間1分 30代前半エンジニアのための個別相談会に申し込む(無料)

よくあるご質問

  • 「35歳以上は転職できない」はホント?

    35歳以上の転職は活発傾向にあります。

    エンジニアのキャリア多様化に従い、35歳以上の転職も以前に比べて活発化傾向にあります。
    今回の転職を「最後のチャンス」として捉えつつも"今回以外に、もう1回転職できるとしたら"どういう転職先がベストなのかという視点を持っておけるとベターです。

  • 転職しなくてもOK! 転職エージェントの活用法とは?

    複数の紹介会社に登録&絞り込みを行いましょう。

    競争の激しい30代転職市場においては、複数の転職エージェントを同時併用するのがおすすめです。
    複数の転職エージェントを併用するのが嫌という方は、各社の対応を吟味した上で、一番良いと思える転職エージェントを利用しましょう。
    各社の対応を比べられるので優位な立場からどの転職エージェントと付き合うかを決められます。

  • 平日は仕事で、面談の時間が取りづらいです。

    平日21:00開始まで。土曜日も対応しています。

    面談は平日9:00~21:00開始、土曜日は9:00~18:00開始まで承っております。
    現職中のお忙しい方もスケジュール調整をしやすいよう、最大限の配慮をいたします。
    また、お電話での相談や、ご自宅や勤務地の最寄り駅(23区内)まで出張面談も可能です。

  • エンジニアファクトリーについて教えて下さい。

    IT・WEBエンジニア専門の転職エージェントです。

    エンジニアファクトリーは、IT・WEBエンジニアの専門のコンサルタントで構成されている転職エージェントです。
    エンジニアと企業をつなぐマッチング精度の高さを強みとしており、機械的なマッチングでなく、お客様の状況や考えを深く理解し、満足の行く転職を実現できるようサービスを心がけております。