IT/Webエンジニア1000人調査レポート Vol.1
レポート掲載中

IT/Webエンジニア1000人調査レポート Vol.1

イベントは終了しました

2015年春、全国25歳~44歳までのIT/Web系エンジニア1000名に対してWebアンケート調査を行った。今の勤務環境の実態から今後のキャリアに対する考え方まで幅広く意見を伺う中で、今どきのIT/Webエンジニアを取り巻く環境や心の内に抱く様々な思いについて、探ってみた。

イベントレポート

今回実施したアンケートの概要

「今どきエンジニアは、果たしてどのような環境でどんな思いを抱きながら仕事をしているのか?」

こうした純粋な疑問を追求するべく今回、エンジニアファクトリー編集部では全国に在住する25歳~44歳までのIT/Webエンジニア1000名に対して、インターネットによるアンケート調査を実施した(2015年4月下旬実施)。

25~44歳と言えば、新卒入社~エンジニアデビューして2~3年目の若手から中堅。

さらにPMやコンサルタントになったり、またスピンアウトして起業したりと、多様なキャリアを選択し、各分野の第一線で活躍することで日本のモノづくりやシステム・アプリ開発の中軸を担っている方まで「現代日本の主役エンジニア」である。

今回、こうした主役世代にターゲットを絞ることによって、今どきエンジニアが普段考えている様々な心の内を明らかにしていきたいと考えた。

25歳~29歳(レポート内では「20代後半」と表記)

30歳~34歳(レポート内では「30代前半」と表記)

35歳~39歳(レポート内では「30代後半」と表記)

40歳~44歳(レポート内では「40代後半」と表記)

また今回、上記4つの世代で区切って、それぞれ250名ずつ、計1000名の構成で調査した。

また具体的な職種割合に関しては、以下のグラフの通り。

【調査対象エンジニアの具体的な職種割合】

【調査対象エンジニアの具体的な職種割合】

このように「システム開発(Web・オープン系)」「インフラ(ネットワーク・サーバ)設計・構築・運用保守)」「研究・品質管理(テスト設計)」の3つの職種で全体の6割を超える割合となっている。

エンジニアの存在価値は高いor低い?

最初のテーマは「社内におけるエンジニアの存在価値について」。

「技術立国」として日本は長年に渡り、最先端の技術を駆使して開発した、革新的なモノやサービスを生み出すことによって世界にその存在を知らしめて来た。

その一方、技術者の活躍に対する社内における評価や待遇面において他の先進国と比べて冷遇されてきた、という声を多く聞く。

そこで今回、改めてエンジニアの社内での存在価値はどのように状況なのかを探ってみるため、「今勤務している社内において、エンジニアの存在価値(自分やエンジニア部門・職種への社内評価)は他の職種や部門(営業や企画等)と比べて高いですか?」という質問を1000人のエンジニアに投げかけてみた。

その結果が、以下の通り。

【エンジニアの社内での存在価値】

【エンジニアの社内での存在価値】

全体としては「かなり高い」「高い」合わせて27%で、「低い」「かなり低い」合わせて22.8%よりも若干ではあるが上回っていることから、それなりにエンジニアの価値が社内で認められている環境があるといえる。

世代別での特徴としては、「20代後半」の若い世代が、他のどの世代よりも社内でのエンジニアの存在価値が「高い」と回答している割合が高かった(31.2%)。逆に「40代前半」の世代が、存在価値が「低い」と回答する割合が最も高い結果に(25.2%)。

つまり年齢が若いほど、エンジニアの存在価値は高いと感じており、逆に年齢が高くなるにつれ、エンジニアの存在価値が下がっていると感じている傾向にあるようだ。

次に職種別での特徴としては、「コンサルタント」「ネットワーク」「研究」「データベース」「アプリケーション」の各職種がいずれも「存在価値が高い」と答えた割合が30%を超えたのに対し、「汎用機系・ファーム系システム開発」「通信インフラ設計」「運用保守」の各職種がいずれも「存在価値が低い」と答えた割合が25%を超えた。

約46%のエンジニアが「スペシャリスト志向」

続いて質問したのは「今後のキャリアについてどのように考えているか」について。

「プログラマ35歳限界説」をはじめ、ある程度キャリアを積むと開発現場から離れ、リーダーやPM等マネジメントに移行するキャリアパスがIT/Web業界においては「半ば常識」とされてきた。

その反面、エンジニアの中には「できることなら長く現場の第一線で、コードを書くなど最新技術を追求しつつ、開発に尽力したい」という思いを抱いている方も少なくない。

そこで2015年、今どきIT/Webエンジニアの率直な思いについて探ってみた結果が以下の通りだ。

【今後のキャリアパスについて】

【今後のキャリアパスについて】

最も多かったのは「スペシャリスト志向」の45.7%。

つまり約半数のエンジニアが、開発現場で自ら手を動かして長く活躍したい、という考えを持っていることになる。

続くのが「マネジメント志向」で、約3割。

「起業」や「フリー」と回答している割合も、合わせて全体の1割に上っている。

さらに世代別・職種別に分析してみた。

まず世代別に関して大きな違いができたのは「スペシャリスト志向」の割合。

最も多かったのは「30代後半」の50.4%で、逆に最も少なかったのは「30代前半」の39.6%。

その他の世代はほぼ全体平均に近い数字だった。

30代後半と言えば一般的にリーダーやPM等のポジションに昇格し、担当するプロジェクトをマネジメントする役割がメインとなる割合が多くなる。そうなれば当然、自ら手を動かして開発する機会も減少するため、その反動として「やはり自ら手を動かしたい」という衝動に駆られる傾向が、こうした数字に表れているのではなかろうか?

次に職種別では「スペシャリスト志向」の割合で特に高かったのは「データベース:59%」「通信インフラ設計:57%」「パッケージ・ミドルウェア開発:56.8%」「研究品質管理:55.5%」の順。

続いて「マネジメント志向」の割合で特に高かったのは「コンサルタント:40.5%」「システム開発(Webオープン系):37.8%」「ネットワーク設計構築:36.8%」の順だった。

また「起業」「フリー」の割合が最も高かったのは「コンサルタント」で、合計21.6%と他の職種を数倍も引き離す結果に。

今後、無くなりそうなエンジニアの職種は?

続いて調査したのは「今後、なくなりそうなエンジニアの職種」について。

先の調査結果から、約半数のエンジニアがスペシャリスト志向を持つ中で、実際に今後もプログラマやSEとして、開発に注力できるポジションが存続し続けるのか?内心、気にかけている方も少なくないはず。

その調査結果が、以下の通り。

【今後なくなりそうなエンジニアの職種】

【今後なくなりそうなエンジニアの職種】

全体の結果に関しては全体的にばらつき、一つの職種が突出するような結果にはならなかった。

その中で最も多かったのは「プログラマ」の17.2%。僅差で「客先常駐型開発」の17.1%。

その他10%を超えたのは「テスターデバッガー」「自社開発」「ITコンサルタント」「SE」「業務系システム開発(汎用機系)」「受託開発」となった。

この結果を見る限り、どちらかというと現場で黙々とコードを書くなどの開発領域に特化した職種において、比較的高い数値を出している。

一方、最も低かったのは「業務系システム開発(ファームウェア・組込制御系)」の2.6%で、それに「アーキテクト」「PM/PL」が続いている。

さらに年代別・職種別で分析してみた。

まず年代別に関しての違いで現れたのは「ITコンサルタント」「業務系システム開発(汎用機系)」「客先常駐型開発」「受託開発」の各職種においては、世代が上がるにつれて「今後無くなる確率が高くなる」と回答している。例えば「ITコンサルタント」であれば20代後半の8.8%に比べ、30代前半:10.4%、30代後半:17.6%、40代前半:15.6%と、40代では若干下がるものの、20代後半と30代後半を比較すると2倍の違いがある。

他の職種に関しても、最も低い20代後半と、最も高い30代後半または40代前半を比較すると、約2~2.5倍の開きが生まれた。

次に職種別での特徴としては、「コンサルタント」においては「プログラマ」「テスター」「業務用システム開発(汎用機系)」でそれぞれ20%を超えていると同時に、同じ職種である「ITコンサルタント」も21.6%が消えると回答するという、興味深い結果が。

それと同様の傾向が「システム開発(汎用機系)」「データベース」でも見られた。

その他「パッケージ・ミドルウェア開発」では「ITコンサルタント」「SE」「プログラマ」「テスター」「PM」で、また「ネットワーク設計構築」では「インフラ設計構築」「業務系システム開発(汎用機系)」「モバイルアプリ系開発」「客先常駐型開発」でそれぞれ20%前後の高い数値を占めしていたのが、大きな特徴となった。

約3人に2人が、子供がエンジニアになるのを応援する!

このように「エンジニアの社内存在価値」「今後のキャリアパス」「今後無くなりそうな職種」と、エンジニアという職業・仕事を取り巻く現状と将来に対して、現時点での本音について紹介してきた。

では、そうした思いをベースに「もし自分の子供が『将来エンジニアになりたい!』と口にしたとき、親として、またエンジニアとして応援するのか?」という興味深い質問をしてみた。

その結果がこちら。

【あなたの子供が「エンジニアになりたい!」といったとき、応援する?】

【あなたの子供が「エンジニアになりたい!」といったとき、応援する?】

その結果、「全力で応援する」「必要があれば応援する」と、前向きに応援すると回答した割合が全体の65.6%という高い数値に。およそ3人に2人が応援すると回答している。

逆に「他の職業を選んでほしい」「全力で阻止する」と回答した割合は、12.4%と、少数にとどまったことから、エンジニアという職業に対する価値を基本的に高く評価している心理傾向が読み取れる。

さらに年代別・職種別で分析してみた。

まず年代別では、全体集計した結果と特に大きな違いは見受けられなかった。

次に職種別に関して、「全力で応援する」「必要があれば応援する」の割合が特に高かったのは「ネットワーク設計構築:79%」「研究・品質管理:76.4%」「通信インフラ設計構築:76.1%」の順で、この3職種だけが70%を超えている。

逆に「他の職業を選んでほしい」「全力で阻止する」割合が特に高かったのは「パッケージ・ミドルウェア開発:22.8%」「システム開発(汎用機系):20%」で、この2職種のみが20%を超えた。

まとめ

今回の調査結果から、今どきエンジニアが心の内に抱くポジティブな面とネガティブな面の複雑な心境が結果に表れた。

エンジニアとして、モノづくりに深く関わっていきたいという強い思いを持ちつつも、年齢やキャリアを重ねるにつれ、なかなかその思いを持続できる環境やチャンスが乏しいという厳しい現実に直面する。

一方、依然として社内におけるエンジニアの存在価値は高く評価される傾向にあり、また自分の子供にも将来、高い確率でエンジニアになることを応援したいという、非常に前向きな意見が多く寄せられたことはエンジニア業界にとって将来、明るい材料となるかもしれない。

イベント概要

半数のエンジニアがスペシャリストとして長く活躍したい!

「今どきエンジニアは、果たしてどのような環境でどんな思いを抱きながら仕事をしているのか?」
こうした純粋な疑問を追求するべく今回、エンジニアファクトリー編集部では全国に在住する25歳~44歳までのIT/Webエンジニア1000名に対して、インターネットによるアンケート調査を実施した(2015年4月下旬実施)。
25~44歳と言えば、新卒入社~エンジニアデビューして2~3年目の若手から中堅。
さらにPMやコンサルタントになったり、またスピンアウトして起業したりと、多様なキャリアを選択し、各分野の第一線で活躍することで日本のモノづくりやシステム・アプリ開発の中軸を担っている方まで「現代日本の主役エンジニア」である。
今回、こうした主役世代にターゲットを絞ることによって、今どきエンジニアが普段考えている様々な心の内を明らかにしていきたいと考えた。

対象者

エンジニア

参加概要

 日時
2015年08月01日00時00分~00時00分
 場所

麹町

 参加費
無料
 持ち物
特にありません
 事前準備
特にありません
イベントは終了しました
エンジニアファクトリーについて
ご紹介案件の
平均月額
76
契約満了後の
再受注率
93
%
初回登録時の
30日以内受注
72
%
IT業界専門のアドバイザーがサポート
優良企業・外資系・ベンチャーなど、ご紹介できるフリーランス求人数は業界トップクラス。IT業界専門エージェントなのでスキルや経験業種のマッチング能力に長け、あなたの価値の最大化を行います。
長期的なキャリアを支援できる
フリーランスだけではなくそこから正社員へのキャリアチェンジ、その逆の支援実績も多数あります。常に不満/不安を解消しているため、10年近く当社案件を受注しているフリーランスも多く在籍します。
年齢不問、20代~50代までサポート
実務経験1年生以上なら、あらゆる方にIT/WEB業界のフリーランス求人をご紹介できます。「若手だから不安」「年配だから不安」という方にも多数ご登録いただき、幅広い支援実績があります。