IT/Webエンジニア1000人調査レポート Vol.2
レポート掲載中

IT/Webエンジニア1000人調査レポート Vol.2

イベントは終了しました

前回に引き続き、全国25歳~44歳までのIT/Web系エンジニア1000名に対してアンケート調査を行った結果をレポートする第2弾。今回はいまどきエンジニアを取り巻く「労働環境」の実態に加え、「転職」をキーワードにした世代・職種別含めたそれぞれの考え方、また「理想の年収」に関しても明らかになった。

イベントレポート

今回実施したアンケートの概要

「今どきエンジニアは、果たしてどのような環境でどんな思いを抱きながら仕事をしているのか?」

こうした純粋な疑問を追求するべく今回、エンジニアファクトリー編集部では全国に在住する25歳~44歳までのIT/Webエンジニア1000名に対して、インターネットによるアンケート調査を実施した(2015年4月下旬実施)。

25~44歳と言えば、新卒入社~エンジニアデビューして2~3年目の若手から中堅。

さらにPMやコンサルタントになったり、またスピンアウトして起業したりと、多様なキャリアを選択し、各分野の第一線で活躍することで日本のモノづくりやシステム・アプリ開発の中軸を担っている方まで「現代日本の主役エンジニア」である。

今回、こうした主役世代にターゲットを絞ることによって、今どきエンジニアが普段考えている様々な心の内を明らかにしていきたいと考えた。

25歳~29歳(レポート内では「20代後半」と表記)

30歳~34歳(レポート内では「30代前半」と表記)

35歳~39歳(レポート内では「30代後半」と表記)

40歳~44歳(レポート内では「40代後半」と表記)

また今回、上記4つの世代で区切って、それぞれ250名ずつ、計1000名の構成で調査した。

また具体的な職種割合に関しては、以下のグラフの通り。

【調査対象エンジニアの具体的な職種割合】

【調査対象エンジニアの具体的な職種割合】

このように「システム開発(Web・オープン系)」「インフラ(ネットワーク・サーバ)設計・構築・運用保守)」「研究・品質管理(テスト設計)」の3つの職種で全体の6割を超える割合となっている。

労働環境で元も変化したのは「給与待遇」「勤務時間」

最初の調査テーマは「エンジニアを取り巻く労働環境」について。

特にエンジニアが活躍するSIやWeb業界は他の業界以上に技術進化のスピードが速く、それに伴って新製品・サービスが矢継ぎ早に生まれる。

その影響から勤務時間や給与待遇・人間関係などの環境面の変化も大きい傾向にあることが予想される。

そこで今回の調査では昔(就職時、または転職した際は前職在籍時)に比べて、労働環境の変化を感じたポイントについて聞いてみた。その結果が、以下の通り。

【昔と比べて、労働環境の変化を感じた点】※複数回答

【昔と比べて、労働環境の変化を感じた点】※複数回答

このように、全体で最も変化が大きかったのは「勤務時間」。

「勤務時間が増えた」とする割合が33.6%と約3人の一人が回答する半面、「勤務時間が減った」とする割合も27.7%と、約4人の一人が回答している。

ここ数年、特にSI業界では長時間労働を是正する傾向が続いているため、今回の結果に関しては少し意外に感じられた。

この結果を見る限りでは、勤務時間が増えたとする割合が若干多い傾向が読み取れる。

続いて変化の大きかったのは「給与待遇」に関する点。

34.2%が「給与が増えた」と回答し、「給与が減った」とする22.6%を大幅に上回った。

従来の年功序列型評価制度であれば、今回の結果はおおむね予想できるが、21世紀以降導入が進んでいる成果主義による評価制度が今回の結果にどれほど影響しているのかも気になる。

また「顧客からの要求レベル」に関して「上がった」と回答する割合が43.1%と、他の項目よりも明らかに割合が多かったのも特徴だ。

一方、最も「変化がない」と回答した割合が高かったのが「職場の人間関係」。

全体の6割に及び正直なところ、もっと人間関係はぎすぎすしているのかと考えていたので意外な結果だった。

さらに世代別・職種別に分析してみた。

まず世代別に関して特に目立ったのは、「30代後半」世代において「給与待遇が変化した」と回答した割合。

元も低かった「20代後半:44.8%」と比較して「64%」という高い割合を示した。

その内訳としては「上がった:36%」「下がった:24.6%」。

同じ傾向が「顧客からの要求レベルの変化」にも表れ、「20代後半:17.2%」と比較して「30代後半:25.6%」と開きが出て、その多くは要求レベルが上がったと回答している。

また「自ら考え、行動し、チャレンジできる自由の変化」については、他の世代が30%後半だったのに比べ「20代後半:27.2%」と唯一、20%台を記録している。

次に職種別で特に目立ったのは、「コンサルタント」の「自ら考え、行動し、チャレンジできる自由が変化した」と回答した割合。他の職種がそれぞれ3~4割程度だったのに比べ唯一、5割を超えている。

また「給与待遇の変化」について、「システム開発(Webオープン系)」「運用保守」の2職種がそれぞれ60%を超えて比較的変化を感じた割合が多かった半面、「研究・品質管理」「アプリケーション」が共に50%を下回り、あまり変化を感じていない割合が多い傾向に。

「残業時間の変化」に関して最も割合が多かったのは「システム開発(汎用機系)」で58.3%。逆に最も低かったのは「アプリケーション」の38.5%だった。

転職経験のある割合は、全体の55%

このように昔と比べ、大きく変化している労働環境の中で、現状に対する不満を解消するため、またはより理想の環境を求めて転職をするエンジニアも多い。

そこで次に聞いたのは「転職経験の有無」について。

その結果が以下の表。

【これまでの転職経験の有無について】

【これまでの転職経験の有無について】

このように、「転職したことがある」と回答した割合は、全体の55%に及び、なおかつ「経験はないけど興味がある」と回答した割も含めれば、転職に対する意識を持つエンジニアは100%という結果になった。

さらに世代別・職種別に分析してみた。

まず世代別に関しては、「20代後半」において「転職経験がある」と回答した割合が約35%だったのに対し、「30代前半:50.8%」「30代後半:63.6%」「40代前半:73.2%」と、年齢を重ねるにつれ経験率は増加・特に40代ではほぼ4人に3人が転職している、という高い比率になっている。

次に職種別で特に目立ったのは、「コンサルタント」。83.8%が「転職経験がある」と回答し、2位の「運用保守」の68.8%を大きく引き離している。

その他「システム開発(Webオープン系)」や「通信インフラ設計」「ネットワーク設計」が全体平均を上回る。

今回の結果からは全体的にエンジニアの転職意識は非常に高く、なおかつ多くのエンジニアが実際に転職を経験しながら、より理想の環境を求めて積極的に動いている傾向が読み取れた。

転職する際に最も重視するテーマは?

このように現在、20~40代の多くのエンジニアが転職を経験している中で、気になるのは転職時に重視しているポイントだ。

「年収」「仕事内容」「勤務時間」など人によって重視するポイントは様々。

そこで「今度、もし転職するとしたら最も重視するテーマ」について質問した結果が以下の通りだ。

【転職する際に最も重視するテーマ】

【転職する際に最も重視するテーマ】

最も多かったのは「収入アップ」で、半数近い割合を占めた。

続いて「仕事内容」が約33%と、3人に一人が回答。

この両者で全体の8割を超えているため、多くのエンジニアが重視するのは「収入」と「仕事内容」ということになる。

一方、「勤務時間の短縮」も約1割を占めていることからも、ここ数年で労働時間規制の強化が業界内では推進している半面、長時間労働に悩んでいるエンジニアが依然多いことも明らかになった。

さらに年代別・職種別で分析してみた。

まず年代別に関しては、どの世代においても先ほど紹介した全体概要同様の結果を示している。

「収入アップ」は最も低い40代前半で45.6%、最も高い30代後半でも49.6%。

「仕事内容」は最も低い20代後半で30%、最も高い40代前半で37.2%となった。

ただし唯一、特徴として浮かび上がってきたのは「勤務時間の短縮」。

「20代:14.8%」→「30代前半:10.8%」→「30代後半:9.2%」→「40代前半:7.2%」と、世代上昇に正比例する形で、割合が低くなっていった。

つまり若い世代ほど、残業を含む長時間労働に対してシビアな環境におかれているか、もしくはプライベートの時間を重視している傾向にあるのかもしれない。

次に職種別での特徴としては、「運用保守」「情報セキュリティ」「アプリケーション」「システム開発(汎用機系)」の各職種に関して、収入アップを望む割合が5割を超えている。

また「コンサルタント」「パッケージ・ミドルウェア開発」「データベース」の各職種に関して、仕事内容を重視する割合が4割を超えていた。

「勤務時間の短縮」に関して、「システム開発(Webオープン系)」が全職種中最も高い割合(15.9%)だったのに対し、「コンサルタント」は0%だった。

エンジニアにとっての理想の年収とは?

先ほどの項目でご紹介したように、どの世代・職種においても転職する際にもっと重視するのは「収入アップ」となったころから、そもそもエンジニアにとって理想の年収はいくらなのかを聞いてみた。

【理想の年収について(今よりいくら高い額か?)】

【理想の年収について(今よりいくら高い額か?)】

全体で最も多かったのは「今よりも51~100万円未満」の22.3%。

続いて「101~150万未満」の21.5%でこの2つを含めると43.8%で、半数近くに上る。

つまり今どきのエンジニアが理想とする平均年収アップ額は、現状より51~150万円の価格帯が中心となるようだ。

さらに「301万円以上」と回答した割合が16.7%と、3番目に多い反面、現状に満足しているのはわずか12.4%と、現状の待遇に対して満足していないエンジニアの数は、相当数に上っている。

次に年代別で分析してみたところ、どの世代においても先ほど紹介した全体概要同様の結果を示している。

その上で唯一、特徴が表れたのは「現状で満足している」と「301万円以上」の割合。

現状で満足している割合が「20代後半:9.6%」→「30代前半:11.6%」→「30代後半:12.4%」→「40代前半:16%」と世代上昇に正比例する形で、割合が高くなっていった。

この傾向に関しては経験・スキルを高めてより責任あるポジションに昇格し、それに見合う評価を受けることによって、現状に満足する割合が増えていくことが想定される。

一方、301万円以上を求める割合に関しては、「20代後半:20.4%」→「30代前半:14%」→「30代後半:18.8%」→「40代前半:13.6%」と30代後半を除き、世代上昇に正比例する形で、割合が低くなっていった。

こちらに関しても、相対的に年収額が低い若い世代ほど早く年収アップを果たして、理想とする年収を得たい意欲が強い傾向がありそうだ。

まとめ

労働環境の変化に関しては、予想通り「勤務時間」「給与待遇」に関して昔に比べ大きく変化していることが今回、改めて見受けられた。その半面「社内の人間関係」に関してはそれほど大きな変化がなかったのは、新たな発見だった。

また転職に関しては全体的に多くのエンジニアが転職を経験、もしくは高く意識している傾向が読み取れたこと。

さらに現状の評価・待遇に満足していないエンジニアが圧倒的に多い中で、転職を通じてその不満を解消しようとする傾向が依然として強いことが今回の調査でも明らかになった。


イベント概要

1000人の本音! 今の年収に満足しているのはたった1割?

最初の調査テーマは「エンジニアを取り巻く労働環境」について。
特にエンジニアが活躍するSIやWeb業界は他の業界以上に技術進化のスピードが速く、それに伴って新製品・サービスが矢継ぎ早に生まれる。
その影響から勤務時間や給与待遇・人間関係などの環境面の変化も大きい傾向にあることが予想される。
そこで今回の調査では昔(就職時、または転職した際は前職在籍時)に比べて、労働環境の変化を感じたポイントについて聞いてみた。

対象者

エンジニア

参加概要

 日時
2015年09月01日00時00分~00時00分
 場所

麹町

 参加費
無料
 持ち物
特にありません
 事前準備
特にありません
イベントは終了しました
エンジニアファクトリーについて
ご紹介案件の
平均月額
76
契約満了後の
再受注率
93
%
初回登録時の
30日以内受注
72
%
IT業界専門のアドバイザーがサポート
優良企業・外資系・ベンチャーなど、ご紹介できるフリーランス求人数は業界トップクラス。IT業界専門エージェントなのでスキルや経験業種のマッチング能力に長け、あなたの価値の最大化を行います。
長期的なキャリアを支援できる
フリーランスだけではなくそこから正社員へのキャリアチェンジ、その逆の支援実績も多数あります。常に不満/不安を解消しているため、10年近く当社案件を受注しているフリーランスも多く在籍します。
年齢不問、20代~50代までサポート
実務経験1年生以上なら、あらゆる方にIT/WEB業界のフリーランス求人をご紹介できます。「若手だから不安」「年配だから不安」という方にも多数ご登録いただき、幅広い支援実績があります。