フリーエンジニア・IT/WEB業界の求人案件

       
2024/06/19

Webデザイナーはやめとけと言われる理由を詳しく解説

カテゴリ 働き方
Webデザイナーはやめとけと言われる理由を詳しく解説

Webデザイナーを目指す人に対して、ときに「やめとけ」といわれることがあります。Webデザイナーは幅広い知識とスキルが求められる仕事で、常に技術の進歩についていく必要があります。また未経験からのキャリアチェンジは容易ではなく、専門的な学習と経験の積み重ねが不可欠です。

この記事では「Webデザイナーはやめとけ」と言われる理由を解説したうえで、Webデザイナーの仕事の魅力やメリット、将来性や向いている人の特徴について詳しく解説します。なぜ辞めとけと言われるのか疑問に感じている方は、ぜひ参考にしてください。

フリーランスのシステムエンジニアのキャリア構築ならエンジニアファクトリー

エージェントサービス「エンジニアファクトリー」では、ITフリーランスエンジニアの案件・求人の紹介を行っています。掲載中の案件は4,000件以上。紹介する案件の平均年商は810万円(※2023年4月 首都圏近郊のITエンジニア対象)となっており、スキルや言語によって高条件の案件と出会うことができます。

氏名やメールアドレス・使用できる言語を入力するだけで、簡単60秒ですぐにサポートを開始できます。案件にお困りのITフリーランスの方やより高条件の案件と巡り合いたいと考えている方は、ぜひご登録ください。

この記事の目次
  1. Webデザイナーはやめとけと言われる理由
  2. Webデザイナーの魅力・メリット
  3. Webデザイナーの将来性
  4. Webデザイナーに向いている人
  5. 活躍できるWebデザイナーのスキル
  6. Webデザイナーの求人ならエンジニアファクトリー
  7. まとめ

Webデザイナーはやめとけと言われる理由

Webデザイナーを目指す人にとって「やめとけ」という忠告は、耳を疑うものかもしれません。ここからはWebデザイナーはやめとけと言われる、以下7つの理由を詳しく解説します。

  • Webデザイナーになる人が多い
  • 残業が多い
  • 常に情報収集・勉強が必要である
  • 年収が高いわけではない
  • 理想のデザインを追求できるわけではない
  • キャリアの選択肢が少ない
  • AIに仕事を奪われる可能性がある

Webデザイナーになる人が多い

Webデザイナーは、クリエイティブな作業を通じて、ユーザーに直接影響を与えることができる魅力的な仕事です。またインターネットの普及により、Webサイト制作の需要が高まっており、Webデザイナーの需要も増加しています。

またWebデザイナーは特別なスキルや資格がなくても就けるため、多くの人がWebデザイナーを目指す傾向にあります。Webデザイナーに対するオシャレでカッコいいイメージが強いのも、この職業に惹かれる人が多い理由の一つです。

しかしWebデザイナーとして成功するためには、UI/UXデザインなどクライアントが求める高いレベルのデザインスキルやクリエイティブな能力、知識が必要です。

Webデザイナーを目指す人が多い理由は、このように職業の魅力と誤解が混在しているからといえます。

残業が多い

Webデザイナーの仕事は、クライアントの要望に応えるために、細部にわたるデザイン作業が必要です。このプロセスは時間を要するため、Webデザイナーはプロジェクトの期限に追われて残業が避けられない状況になることがたびたびあります。

クライアントのデザインに関する知識が不足している場合、Webデザイナーは、そのギャップを埋めるために追加の労力を費やす必要があります。これは残業が多くなる代表的な理由の一つです。

Webデザイナーが多くの残業に直面する理由は、クライアントの要望に応えるための細部にわたる作業、クライアントのデザイン知識の不足、そして労働環境の問題に起因します。これらの課題を理解し対処することが、Webデザイナーとして成功するための鍵です。

常に情報収集・勉強が必要である

Webデザインの世界では、新しいデザインのトレンドや技術が次々と登場します。例えば、レスポンシブデザインやアクセシビリティに関する知識、さらには新しいコーディング言語やフレームワークの理解が求められます。これらの進化に追いつくためには、Webデザイナーは常に学び続ける姿勢が必要です。

またWebデザインの分野では、クライアントのニーズに応えるために、新しいデザイン手法やユーザーインターフェースのトレンドを迅速に取り入れる必要があります。このような環境下では、自己学習やセミナーへの参加、業界の最新情報を追うことが日常的な業務の一部となるのです。

この継続的な学習要求は、特にプライベートな時間を大切にしたい人や、定時で帰宅したい人にとっては、大きなストレスとなることがあります。

年収が高いわけではない

Webデザイナーの年収は、他の職種と比べて決して高いとは言えません。日本人の平均年収が433万円であることを考えると、Webデザイナーの収入は平均的な水準に留まっています。

その理由の1つに、Webデザイナーの供給過多が挙げられます。多くのデザイナーが競合するため、薄利多売の状況に陥りやすく、年収が高くなりづらいのです。

またクライアントの要望に振り回され、思うようにデザインができないことも、収入面での不安につながります。「なかなか給料が上がらない」、「思うように仕事が受注できない」といった理由から、Webデザイナーを辞める人もいるようです。

Webデザイナーを目指す際は、収入面での現実を理解し、将来設計を慎重に考える必要があります。

理想のデザインを追求できるわけではない

Webデザイナーが直面する「壁」の一つが、クライアントの要望やプロジェクトの制約によって、自分の理想とするデザインを追求できないことです。

クライアントは具体的なビジョンや要求を持っています。それらはデザイナーの創造性や独自性を制限することがあるのです。また市場のトレンドや競合他社のデザインに影響を受けることもあり、デザイナーとしてのオリジナリティを追求することが難しい場合があります。

Webデザイナーとして成功するためには、クリエイティブな自己表現とクライアントの要望や市場のニーズとの間でバランスを取るスキルが必要です。

理想のデザインを追求することは重要ですが、実際のプロジェクトでは、さまざまな制約の中で最適な解決策を見つけ出す柔軟性も、同様に重要となります。

キャリアの選択肢が少ない

Webデザイナーとしてデザインの仕事にこだわると、キャリアパスは限られてしまいます。それが「やめとけ」と言われる理由の1つです。

仕事へのこだわりをもつことでキャリアの選択肢が減る傾向にあることから、Webデザイナーはキャリアアップが難しいと思われがちです。一方で自分に合ったキャリアを選択することで、やりがいを持って働くことができると考える人もいます。

Webデザイナーとしてのキャリアには挑戦が多いものの、自分の適性と将来の目標を見据えて、慎重に判断することが重要です。

AIに仕事を奪われる可能性がある

近年のAIの発達により、Webデザイナーの仕事が奪われる可能性が指摘されています。特にコーディングをメインとするデザイナーは、AIに取って代わられる危険性が高いとされます。

今後のAIの進歩によっては、Webデザイナーの仕事そのものがなくなる、との予測もあるのです。AIにより職業そのものがなくなるリスクも「Webデザイナーはやめとけ」といわれる理由といえます。

確かにAIがWebデザイナーの仕事を奪うケースも考えられます。特にHTMLやCSSといったコーディング業務では、AIに取って代わられていく可能性が考えられます。

ただしデザインの創造性や感性が求められる部分では、AIが完全に人間に取って代わることは難しいでしょう。今後、重用されるWebデザイナーになるには、スキルを磨き、AIにはできない付加価値を提供することが重要です。

Webデザイナーの魅力・メリット

Webデザイナーの魅力・メリット

Webデザイナーの仕事は、美しく使いやすいWebサイトをデザインすることです。クライアントの要望をヒアリングし、コンセプトを立案してデザインを制作します。ここからは、Webデザイナーの以下4つの魅力やメリットを詳しく解説します。

  • 柔軟な働き方がある
  • 独立などキャリアパスが豊富
  • やり方次第で稼げる
  • 年齢は関係ない

柔軟な働き方がある

Webデザイナーの大きな魅力の1つが、働き方の選択肢の多さです。フリーランスとして独立すると、自分のペースで仕事を進められます。

正社員であっても在宅ワークやリモートワークも可能な場合があるため、自分のライフスタイルに合わせた柔軟な働き方ができます。子育てや介護との両立を図るなど、ワークライフバランスを重視する人にとっては魅力的な職業です。

ただしフリーランスの場合は、収入の不安定さに注意が必要です。自己管理能力と交渉力が求められるため、誰にでも適しているわけではありません。

自分に合ったスタイルで働けるのがWebデザイナーの強みです。一方で自由の裏返しとして責任も伴います。自分の適性を見極めたうえで、キャリアを選択することが大切です。

独立などキャリアパスが豊富

Webデザイナーの大きな魅力の1つに、キャリアパスの豊富さがあります。Webディレクターへの昇進やフリーランスとしての独立、別の制作会社への転職など、自分の目指す方向に合わせてさまざまな選択肢があるのです。ただしこのキャリアパスの豊富さは、デザイナーにこだわらない、という前提がゆえになります。

特に独立は、Webデザイナーにとって大きな目標の1つです。独立すれば自分の裁量で働けるうえ、実力と稼働に応じた報酬が得られるため、年収アップも期待できます。

Webデザイナーは個人のスキルが重視される職種であり、独立も転職もしやすいのが強みです。未経験からのスタートも可能なので、挑戦しやすい面もあります。

ただし、独立には自己管理能力やビジネススキルも必要不可欠です。自分の適性を見極め、しっかりとしたキャリアプランを立てることが大切です。

やり方次第で稼げる

Webデザイナーは「やめとけ」と言われることがある一方で、やり方次第では高収入を得られる可能性があります。

ただしWebデザイナーは競争が激しく、薄利多売に陥りやすいのも事実です。フリーランスとして活動するとき、収入の不安定さがデメリットとして挙げられることもあります。

稼げるWebデザイナーになるには、高いスキルと営業力が不可欠です。クライアントのニーズを的確に捉え、付加価値の高いデザインを提供できるかが鍵となります。

Webデザイナーとして成功するには、技術力だけでなく、ビジネス感覚も求められます。自分の強みを活かしつつ、市場の動向を見極める目を養うことが大切です。

年齢は関係ない

Webデザイナーになるとき、年齢は関係ありません。Webサイト制作への興味と知識があれば、何歳からでも始められるのがこの職業の大きな魅力です。

Web業界では、年齢よりも作品のクオリティが重視されます。何歳でWebデザイナーになったかは問題ではなく、どれだけ優れたデザインを提供できるかが評価の基準となるのです。

年齢に関係なくスキルを活かせることから、Webデザイナーは職に困らないというメリットがあります。経験を積んでスキルを磨けば、年齢に関わらずキャリアアップを目指せるでしょう。

ただし、年齢を理由に甘えてはいけません。常に新しい技術やトレンドを学び、時代に合ったデザインを追求する姿勢が求められます。年齢に関係なくWebデザイナーとして活躍するには、向上心を持ち続けることが大切だと言えます。

Webデザイナーの将来性

Webデザイナーは「やめとけ」、「後悔する」と言われることもあり、将来性に不安を感じる人が多い職業です。

Webデザイン業界は需要が高く人気の職種である一方、競争も激しいのが現状です。仕事の安定性や収入の不安定さが離職率の高さにつながっています。

ただしWebデザイナーの将来性は、人によって異なります。常にスキルアップを図り、幅広い知識を身につけることで、活躍の場を広げられる可能性があるのです。

Webデザイナーの仕事にこだわる場合は、「やめとけ」と言われる理由を理解し、それを回避する方法を知ることが重要です。自分の強みを活かしつつ、時代の変化に柔軟に対応できるWebデザイナーを目指すことが、将来への鍵となります。

Webデザイナーに向いている人

Webデザイナーは「やめとけ」と言われることもありますが、向いている人も当然存在する仕事です。ここからは、以下6つのWebデザイナーに向いている人の特徴を、詳しく解説します。

  • 地道な作業が苦ではない
  • コミュニケーション能力が高い
  • 問題解決力がある
  • 流行やトレンドに敏感である
  • 柔軟な思考である
  • ディテールに注意を払うことができる

地道な作業が苦ではない

Webデザイナーに向いているのは、地道な作業を厭わない人です。この仕事の中心は、パソコンに向かってひたすらコーディングをすることだからです。1つのことにじっくりと向き合える人は、Webデザイナーに適性があるといえます。

一方で細かく地道な作業が苦手な人は、Webデザイナーに向いていないかもしれません。デザインの微調整や修正を重ねる必要があるため、そこでストレスを感じてしまう人には不向きな職業といえます。

Webデザイナーを目指すなら、コツコツと作業を積み重ねることが苦にならないかを見極めることが大切です。地道な努力を厭わない姿勢があれば、Webデザイナーとして活躍できる可能性は高いでしょう。

コミュニケーション能力が高い

Webデザイナーに向いているのは、コミュニケーション能力が高い人です。この仕事ではクライアントとの密なやり取りが欠かせません。

コミュニケーション能力があれば、どのようなタイプのクライアントとも良好な関係を築けます。クライアントの隠れた本音や意図を引き出し、クライアントのニーズに合ったデザインを提案可能です。

またWebデザイナーはチームでの作業も多いため、同僚とのコミュニケーションも重要です。円滑なコミュニケーションがあってこそ、スムーズなプロジェクトの進行が可能となります。

そのためWebデザイナーを目指すなら、自分のコミュニケーション能力を見極めることが大切です。対人関係が苦手な人には、「やめとけ」と言われる理由にもなり得ます。

問題解決力がある

Webデザイナーに向いているのは、問題解決力がある人です。一方で問題解決能力が低い人は、「やめとけ」と言われる傾向があります。

Webデザインの現場では、クライアントの要望や技術的な制約など、さまざまな問題が発生します。これらの問題を解決できる思考力や意識がない人は、Webデザイナーとして向いていないかもしれません。

問題解決力のある人は、課題を的確に把握し、最適な解決策を見出せます。デザインの過程で生じるさまざまな問題に対して柔軟に対応できる人こそ、Webデザイナーに適しているのです。

問題解決力は、鍛えられるスキルです。日頃から問題解決の思考パターンを身につけ、経験を積むことで、Webデザイナーとして活躍できる可能性は十分にあります。

流行やトレンドに敏感である

Webデザイナーに向いているのは、流行やトレンドに敏感な人です。最新技術やデザインの動向について情報感度が高く、それらを瞬時に吸収できる人は、この職業に適しています。

Webデザインのトレンドは、目まぐるしく変化します。流行を敏感に察知し、それをデザインに反映できる人こそ、Webデザイナーに向いているのです。

また、新しい技術に適応できる柔軟性も重要です。時代とともに進化するWeb技術に常にアンテナを張り、自分のスキルをアップデートし続けられる人が求められます。

ただし、Webデザイナーの仕事は性格の向き不向きよりもスキルが重視される傾向にあります。流行に敏感であることは大切ですが、それだけでは不十分です。

デザインセンスと技術力を磨き、トレンドを取り入れながら独自の価値を生み出せる人こそ、長く活躍できるWebデザイナーといえます。

柔軟な思考である

Webデザイナーに向いているのは、柔軟な思考を持つ人です。情報や技術の変化に対して柔軟に対応できる人こそ、この職業に適しています。

Webデザインの世界では、トレンドや常識が目まぐるしく変化します。そのため常識やこれまでの慣習にとらわれず自由な発想でデザインができる人が、変化に適応しやすいのです。

クライアントの要望に応えるためには、こだわりを持ちつつも柔軟な対応が求められます。クライアントワークはWebデザイナーにとって必須であることからも、自分の考えに固執せず、臨機応変に行動できる人がWebデザイナーに向いているといえるのです。

ただし柔軟すぎると、自分の意見を持てなくなってしまう恐れがあります。基本的なスキルやトレンドを学ぶ姿勢は必要不可欠です。

ディテールに注意を払うことができる

Webデザイナーに向いているのは、細部まで注意を払える人です。この仕事では、デザインの細かな要素が重要な意味を持ちます。

例えば、コーディングの際にはHTMLやCSSを用いて、Webデザイナーのラフをもとに忠実に再現していく必要があります。ここで、細部のズレや間違いがあると、全体の印象が大きく変わってしまうのです。

また、Webデザイナーには幅広い知識やスキルが求められます。デザインだけでなく、ユーザビリティや技術的な側面にも気を配る必要があります。細部まで注意を払い、トータルなクオリティを追求する姿勢が不可欠です。

ディテールへのこだわりは、ときに非効率につながることもあります。しかしそこを妥協せずに高い品質を実現できる人こそ、Webデザイナーに向いているといえます。

活躍できるWebデザイナーのスキル

Webデザイナーとして活躍するためには、特定のスキルが必要です。しかし、この職業に対して「やめとけ」という意見も散見されます。その背景には、求められるスキルの高さや、仕事の性質上の困難さがあるようです。ここからは、活躍できるWebデザイナーのスキルのうち、以下の5つについて詳しく解説します。

  • デザインに関する知見・スキル
  • UI/UXにおけるスキル
  • ディレクションスキル
  • Webマーケティングにおけるスキル
  • プログラミングスキル

デザインに関する知見・スキル

Webデザイナーとして成功するには、単に美しいデザインを作る能力だけでは不十分です。デザインに関する深い知識のほか、デザインツールを使いこなすスキルやWebマーケティングにまつわる深い理解と知識、一般的なビジネススキルなどが求められます。

これらのスキルは、Webデザインの仕事を深く理解し、クライアントのニーズに応えるために必要不可欠です。特にデザインに関する知識はUIやUXの設計やレスポンシブデザインの実装、WordPressのカスタマイズ能力からフロントエンドの開発スキルまで、幅広い範囲に及びます。

これらのスキルを身につけることで、Webデザイナーは多様なプロジェクトに対応し、クリエイティブな解決策を提供できます。

UI/UXにおけるスキル

Webデザイナーとして活躍するには、広いUI/UXにおけるスキルを身につけることが必要です。UI/UXデザインは、戦略からデザインを組み立てることが求められ、かつDXニーズの高まりにより人材不足で売り手市場となっています。

「やめとけ」ともいわれるWebデザイナーの将来性は、本質と向き合う姿勢を大切にできるかどうかにかかっています。Webデザイナーは美しくクリエイティブなデザインを作り出すことが必要です。なかでもUI/UXデザインにおいては、ユーザーがストレスなく利用できるサービスを提供することが求められます。求められるWebデザイナーになるためにも、需要の高いUI/UXのスキルを身につけることが不可欠です。

ディレクションスキル

Webデザイナーとして活躍するには、ディレクションスキルが不可欠です。このスキルは、チームの効率、コミュニケーション、管理を最大化する能力を含みます。プロジェクトの計画や提案、さらにはプレゼンテーションスキルも重要な要素です。

さらにWeb開発に関連する広範な知識のほか、デザインやプログラミングなど、得意分野を持つことが望ましいとされます。

Webデザイナーがディレクションスキルを身につけることで、プロジェクトの成功率を高めることができます。チームメンバーとの円滑なコミュニケーションを保ち、プロジェクトの目標達成に向けて効果的にリードすることが可能です。またクライアントとの交渉やプレゼンテーションにおいても、このスキルは大きな強みとなります。

Webマーケティングにおけるスキル

Webマーケティングのスキルを身につけることで、デザインが市場でどのように機能するかを理解しやすくなります。これは、Webデザイナーとして活躍するために欠かせないスキルです。

Webマーケティングの知識を持つことで、デザインの意図を正確に伝え、ターゲットとする顧客層に適切にアプローチすることが可能になります。Webマーケティングスキルがあることで、収益性を兼ね備えたWebデザインも可能です。

Webマーケティング業界では、技術やトレンドの変化が激しく、情報のキャッチアップや新しいスキルの習得が常に求められます。そのためWebデザイナーはデザインスキルだけでなく、プログラミングやマーケティング、コミュニケーションスキルなど幅広い知識とスキルを持つことが重要です。

プログラミングスキル

プログラミングスキルは、IT人材として活躍するためには重要なもので、Webデザイナーにとって必須のスキルといえます。プログラミング言語の知識はデザインを具現化し、より機能的でユーザーフレンドリーなWebサイトやアプリケーションを作成する上で不可欠です。

特にHTML、CSS、JavaScriptといった基本的な言語の理解は、Webデザイナーとしての基礎となります。

プログラミングスキルを持つことでWebデザイナーは、自らのデザインを直接コーディングし、実際に動作するプロトタイプを作成することが可能になります。

これによりデザインと実装の間のギャップを縮め、より効率的な開発プロセスを実現可能です。

Webデザイナーの求人ならエンジニアファクトリー

フリーランスのシステムエンジニアのキャリア構築ならエンジニアファクトリー

Webデザイナーの仕事を探す場合は、正社員の仕事を探すか、契約社員あるいは派遣社員の仕事を探す方法があります。

フリーランスとして活動したい方や、Webデザイナーとして転職を検討している方は「エンジニアファクトリー」の利用がおすすめです。

「エンジニアファクトリー」は、WebデザイナーやUI/UXデザイナーを含むIT分野のフリーランス向けの求人情報を提供しています。

「エンジニアファクトリー」は、Webデザイナーとしてのキャリアをさらに発展させたい方にとって、多様な求人情報とプロジェクトを提供できます。フリーランスとしての独立を目指す方や、新しいチャレンジを求める方にとって、エンジニアファクトリーは理想的な選択肢となるでしょう。

まとめ

Webデザイナー まとめ

Webデザイナーに興味を持つ人々にとって、なぜ「やめとけ」と言われるのかという理由を理解することは重要です。市場の飽和や長時間労働、スキルの常時更新の必要性、理想のデザインを実現する難しさなど多くの課題が存在します。

しかしこれらの課題があるにもかかわらず、Webデザイナーとしての仕事には魅力的な側面も多くあります。

この記事で紹介したWebデザイナーはやめとけ、と言われる主な理由やメリット、向いている人の特徴について理解したうえで、今後のキャリアについて考えてみてはいかがでしょうか。