2024/03/04

フリーランスの仕事を一覧で紹介!全部で6分類30種類!フリーランスの始め方やメリデメも併せて紹介

カテゴリ 働き方
フリーランスの仕事を一覧で紹介!全部で6分類30種類!フリーランスの始め方やメリデメも併せて紹介

ひと言でフリーランスといっても、仕事の種類は多岐に渡ります。

本記事ではフリーランスの仕事のなかから6つを抽出し、さらに細分化した30種類の仕事の概要や業務内容について、詳しく解説します。フリーランスになりたい、と考えている方は、ぜひ参考にしてください。

エージェントサービス「エンジニアファクトリー」では、ITフリーランスエンジニアの案件・求人の紹介を行っています。

紹介する案件の平均年商は810万円(※2023年4月 首都圏近郊のITエンジニア対象)となっており、スキルや言語によって高条件の案件と出会うことができます。

氏名やメールアドレス・使用できる言語を入力するだけで、簡単60秒ですぐにサポートを開始できます。案件にお困りのITフリーランスの方やより高条件の案件と巡り合いたいと考えている方は、ぜひご登録ください。

そもそもフリーランスとはどのような仕事?

そもそもフリーランスとはどのような仕事?

フリーランスとは、企業や団体に属さず、自分のスキルや知識を活かして独立して働く職業形態のことです。フリーランスの働き方では、特定の企業に雇用されるのではなく、自分自身が事業主となり、複数のクライアントと契約を結び、業務を遂行することが特徴です。

フリーランスの仕事は大きく6つのカテゴリーに分けられます。

  • ITエンジニア系
  • マーケティング系
  • クリエイティブ系
  • 接客系
  • 経営・運営系
  • インフルエンサー​​

フリーランスとして成功するためには、専門的なスキルと自己管理能力が不可欠です。また、自身で仕事の獲得や契約交渉、税金や保険の管理など、経営者としての役割も担う必要があります。これらの業務は、企業に雇用されている場合と異なり、フリーランス特有と言えます。

フリーランスと会社員との違い

会社員とフリーランスの大きな違いは、雇用の安定性と自由度です。会社員は企業に雇用され、一定の給与と福利厚生を受けることができますが、仕事の内容や勤務時間、場所などは企業が決定します。一方、フリーランスは自分で仕事を探し、契約を結び、自由に働く時間や場所を選ぶことができますが、仕事の不安定さや自己管理の必要性が高まります。

フリーランスと会社員のどちらを選ぶかは、個人のキャリアプランや生活スタイルによって異なるため、両者の違いを理解することが大切です。

フリーランスと自営業との違い

フリーランスは、特定の企業に雇われることなく、自分のスキルや専門性を活かして、クライアントから直接業務を請け負います。一方で自営業は、個人が直接事業を営む形態で、例えばお店を経営するなどが該当します。

たとえば、ITエンジニア系のフリーランスは、ソフトウェア開発やWebデザインなどのプロジェクトをクライアントから直接受注し、独立して業務を遂行する仕事形態です。一方、自営業のIT関連の事業では、自らが運営するITサービスや製品を市場に提供します。

フリーランスと個人事業主との違い

フリーランスは、個人として独立して仕事をする人々のことで、特にクリエイティブな分野や専門技術を持つ人々に多く見られます。個人事業主は、法律上の定義として、事業を営む個人を指し、これにはフリーランスも含まれます。

ITエンジニア系のフリーランスは、プログラミングやシステム開発のような技術的な仕事を個人として請け負うのが主な仕事のやり方です。これに対して、自営業者としてのITエンジニアは、例えば自分の店舗でIT関連の製品を販売するなど、より広範な事業を行うことがあります。

フリーランスの仕事を一覧で紹介!

フリーランスの仕事を一覧で紹介!

ここからは、以下の6つの分類ごとにそれぞれ5つの職種の概要や仕事の特徴を紹介します。今の自分のキャリアや経験を踏まえて、フリーランスとして働くキャリアについて考えている方は、ぜひ参考にしてください。

  • ITエンジニア系
  • マーケティング系
  • クリエイティブ系
  • 接客系
  • 経営・運営系
  • インフルエンサー系

①ITエンジニア系

フリーランスとしてのキャリアを選択するITエンジニアには、幅広い職種が存在します。フリーランスITエンジニアの職種は、それぞれ技術的なスキルや専門知識、プロジェクトの要件に応じて大きく異なることが特徴です。

ここで紹介するフリーランスのITエンジニア系の職種は、以下の5つです。

  • プログラマ
  • システムエンジニア
  • インフラ系エンジニア
  • ゲームエンジニア
  • AIエンジニア

それぞれの職種では、特有のスキルセットが要求されるため、フリーランスとして成功するためには、これらの技術に精通していることが必要です。

プログラマー

フリーランスとして活動するプログラマーには、幅広い技術的知識と高度なプログラミングスキルが求められます。プログラマーの主な業務内容は、クライアントのニーズに合わせたソフトウェアの設計、開発、テスト、そしてメンテナンスです。

プログラマーが関わる開発には、Webアプリケーション、モバイルアプリケーション、システム開発など、さまざまなプロジェクトがあります。プログラマは、プロジェクトの要件に応じて、適切なプログラミング言語(Python、Java、Rubyなど)を習得し、効率的かつ効果的なソリューションを提供する能力が求められます。

フリーランスのプログラマーになるためには、特定の技術領域や言語に関する深い理解と共に、新しい技術トレンドに対する柔軟な対応能力が不可欠です。また、クライアントとのコミュニケーション能力やプロジェクト管理能力も、成功するために重要なスキルの一つとされています。フリーランスとしての仕事は、プロジェクトベースで行われることが多く、自分自身でスケジュールを管理し、納期を守りながら高品質な成果物を提供する責任があるためです。

システムエンジニア

フリーランスのシステムエンジニア(SE)は、ITプロジェクトの設計、開発、管理を担当し、顧客のビジネスニーズに合わせた最適なシステムソリューションを提供するのが主な仕事です。システムエンジニアは、ソフトウェア開発の全過程にわたって重要な役割を果たし、プロジェクトの要件定義からシステム設計、実装、テスト、保守まで、一連の工程を管理します。フリーランスのSEが成功するためには、技術的な知識とスキルだけでなく、プロジェクト管理能力やコミュニケーション能力も極めて重要です。

システムエンジニアの業務内容は多岐にわたり、主にクライアントのビジネス要件を理解し、それをもとにシステムの仕様を定義することから始まります。この過程を要件定義といい、機能要件、非機能要件、システムの制約などを明確にし、実現可能なソリューションを設計します。その後、開発チームと協力してシステムの実装を進め、品質保証のためのテスト計画を立て、実施します。また、システムが稼働した後も、問題が発生した場合の対応や、システムの改善・更新作業を行うことが求められることもあります。

フリーランスのSEには、技術的なスキルが豊富であることが必要です。具体的には、プログラミング言語の習得、データベース管理、ネットワーク設計、セキュリティ対策など、幅広い知識が含まれます。また、新しい技術トレンドに常に注意を払い、学習を続けることが不可欠です。フリーランスとして独立することで得られる柔軟性は大きなメリットですが、プロジェクトの獲得から納期管理、クライアントとの交渉など、自己管理能力が高く要求されます。

インフラ系エンジニア

フリーランスのインフラ系エンジニアは、企業や組織の情報システム基盤を設計、構築、運用が主な仕事です。インフラ系エンジニアには、ネットワーク、サーバー、ストレージ、データベース管理システムなど、ITインフラ全般にわたる知識と技術が求められます。業務において、情報システムの安定稼働と効率的なデータ管理を実現するために、最新の技術を駆使して、最適なシステム環境を提案し、実装します。

初期段階でのシステム設計から始まり、必要なハードウェアやソフトウェアの選定、ネットワーク構築、セキュリティ対策の実施、システムの継続的な監視とメンテナンスに至るまで、業務の幅が広く深いのが特徴です。クラウドサービスの普及に伴い、AWSやAzureといったクラウドプラットフォームを用いたインフラ構築・管理も、インフラ系エンジニアの重要な役割の一つとなっています。

フリーランスのインフラ系エンジニアになるためには、ネットワーク設計やサーバー管理に関する深い知識、複数のオペレーティングシステム(LinuxやWindows Serverなど)に関する技術的なスキルが必要です。さらに、クラウドコンピューティング、仮想化技術、自動化ツール(AnsibleやTerraformなど)に関する最新の知識を持つことが、フリーランスとしての競争力を高めます。

ゲームエンジニア

フリーランスのゲームエンジニアは、ゲーム開発の各段階において重要な役割を果たします。ゲームエンジニアは、ゲームの企画・設計から実装、テスト、リリースに至るまでのプロセスに深く関与し、ゲームプレイの核となるメカニズムの開発や、ユーザーインターフェースの設計、グラフィックスの統合、パフォーマンスの最適化など、多岐にわたる業務を担当するためです。ゲームエンジニアとして成功するためには、プログラミングスキルだけでなく、クリエイティブな問題解決能力や、チーム内外とのコミュニケーション能力も非常に重要です。

ゲームエンジニアの業務内容は、使用するプラットフォーム(パソコン、コンソール、モバイルなど)やゲームのジャンル(アクション、RPG、シミュレーションなど)によって異なりますが、共通して求められるのは、ゲーム開発における技術的な課題を解決する能力です。フリーランスとして働く場合、プロジェクトに応じて最適な開発環境やツール、言語(例:C++、Unity、Unreal Engineなど)を選択し、効率的かつ効果的にゲームを開発することが求められます。

AIエンジニア

フリーランスのAIエンジニアは、人工知能(AI)技術を活用して、機械学習モデルの開発やデータ解析、AIシステムの設計と実装を行うのが主な仕事です。AI分野は、コンピュータビジョン、自然言語処理(NLP)、予測分析、ロボティクスなど、幅広い技術領域にまたがっています。AIエンジニアとして成功するためには、プログラミングスキル、データサイエンス、統計学の知識、そして新しいAI技術のトレンドに対する深い理解が必要です。

フリーランスのAIエンジニアは、多様な業界で需要が高まっています。AIエンジニアの業務は、データ収集と前処理、機械学習モデルの訓練と評価、AIソリューションの本番環境へのデプロイメントなどです。また、AIプロジェクトの成果を非技術的なステークホルダーに説明するためのコミュニケーション能力も、非常に重要となります。プロジェクトによっては、特定の業界知識が求められることもあり、そのためには継続的な学習と自己発展が不可欠です。

②マーケティング系

マーケティング系の職種においても、フリーランスとして働くことが可能です。フリーランスマーケターとして活動する際は、時代や社会の変化に応じた施策を提案する能力が求められます。

ここで紹介するフリーランスのマーケティング系の職種は、以下の5つです。

  • Webマーケター
  • Webライター
  • 広報
  • データサイエンティスト
  • ブロガー・アフィリエイター

Webマーケター

フリーランスのWebマーケターは、インターネットを使ったマーケティング戦略の企画、実行、分析を行うのが主な仕事です。Webマーケターは、Webサイトのトラフィックを増加させ、製品やサービスの認知度を高め、最終的には売上やリードの増加を目指し、さまざまな施策を展開させる必要があります。そのため、フリーランスのWebマーケターには、SEO(検索エンジン最適化)、SEM(検索エンジンマーケティング)、コンテンツマーケティング、SNSマーケティング、メールマーケティングなど、多様な手法が求められるのです。

成功するWebマーケターには、市場のトレンドを敏感に察知し、ターゲットオーディエンスのニーズに合わせた戦略を立案する能力が必要です。また、Webサイトの分析ツール(Google Analyticsなど)を使いこなし、実施したキャンペーンの効果を定量的に測定し、改善策を提案できる分析力も欠かせません。

フリーランスとしてのWebマーケターは、さまざまな業界や規模の企業と協力する機会があり、プロジェクトに応じて柔軟な戦略を提案することが可能です。Webマーケターとして働くメリットは、自宅や好きな場所で働ける柔軟性、自分のスキルや専門知識を活かして多様なプロジェクトに取り組めることが挙げられます。しかし、クライアントを継続的に確保するためには、自分自身でのマーケティング活動やネットワーキングが必要です。

Webライター

フリーランスのWebライターは、インターネットを通じて情報を発信するのが主な仕事です。WebライターはWebサイトやブログ、SNS、電子メールキャンペーンなどさまざまなデジタルメディア向けにコンテンツを制作します。Webライターの特徴は、さまざまなトピックについての知識を持ち、ターゲットオーディエンスに響く魅力的なコンテンツを創り出す能力が求められることです。また、SEOに基づいたライティングスキルも非常に重要であり、検索エンジンのランキングを上げることでWebサイトへのトラフィックを増加させることが求められる業務目標の一つとなります。

フリーランスのWebライターになるためには、優れたライティングスキルはもちろん、対象分野に関する深い知識や研究能力が必要です。また、クライアントのニーズを理解し、それに応じたコンテンツを提供する柔軟性も求められます。さらに、キーワードリサーチやSEOの基本原則に精通していることが、効果的なコンテンツ制作には不可欠です。

広報

フリーランスの広報(PR)は、企業や団体のイメージ構築と維持、関係者とのコミュニケーション強化を目的として、メディア戦略の企画と実施を行うのが主な仕事です。具体的にはプレスリリースの作成と配布、メディアとの関係構築、イベントの企画と管理、危機管理、ソーシャルメディアを利用した情報発信などを行います。フリーランスの広報には、コミュニケーションスキルの高さとともに、戦略的思考能力、クリエイティブなアイデアを持ち合わせることが求められます。

フリーランスの広報として成功するには、ターゲットオーディエンスのニーズと関心に合わせたメッセージを効果的に伝える能力が不可欠です。また、メディアのトレンドや社会的な動向に敏感であること、さまざまなステークホルダーとの関係構築と維持ができることも、広報の重要なスキルです。

データサイエンティスト

フリーランスのデータサイエンティストは、データを分析し、その洞察を基に企業の意思決定支援を行うのが主な仕事です。具体的には、統計学、機械学習、データマイニング、ビッグデータ技術を駆使して、膨大なデータセットから有用な情報を抽出し、予測モデルを構築します。データサイエンティストは、ビジネスの問題を解決するために、データに基づいた洞察を提供し、企業がよりデータ駆動型の意思決定を行えるよう支援します。

フリーランスのデータサイエンティストになるためには、プログラミング言語(PythonやRなど)の知識、統計学、データベース技術、ビジュアライゼーションツールのスキルが必要です。また、特定の業界におけるビジネスの理解も、高度な分析を行い、価値ある洞察を提供する上で不可欠です。

ブロガー・アフィリエイター

フリーランスのブロガーやアフィリエイターは、インターネット上で自らのWebサイトやブログを通じて情報を発信し、収益を得るのが主な仕事です。具体的には、特定のトピックや興味のある分野についての知識や情熱を持ち、それを文章やビジュアルコンテンツとして形にし、オンライン上で広く一般に共有します。アフィリエイトマーケティングでは、自身のコンテンツ内で特定の商品やサービスを推奨し、読者がそのリンクを通じて商品を購入すると収益が発生する仕組みです。

成功するブロガーやアフィリエイターになるためには、ターゲットとなる読者層に魅力的なコンテンツを定期的に提供し続けることが重要です。SEO(検索エンジン最適化)に基づいたコンテンツ作成スキルや、ソーシャルメディアを活用したプロモーション能力も、多くの読者に自身のサイトを訪れてもらうためには不可欠です。また、アフィリエイトプログラムの選定や、収益化戦略を練るマーケティングスキルも求められます。

③クリエイティブ系

クリエイティブ系の職種は、IT系やマーケティング系よりも、フリーランスとして活動する人が多いのが特徴です。ただしそれぞれの職種ごとに専門性の高いスキルが求められます。フリーランスのクリエイターとして活動するには、クリエイター自身の個性と社会に求められるアイデアやスキルが不可欠です。

ここで紹介するフリーランスのクリエイティブ系の職種は、以下の5つです。

  • Webデザイナー
  • グラフィックデザイナー
  • 映像クリエイター
  • イラストレーター
  • カメラマン

Webデザイナー

フリーランスのWebデザイナーは、Webサイトの視覚的要素の設計と実装が主な仕事です。そのためWebデザイナーには、クリエイティブな能力と技術的なスキルを兼ね備えていることが求められます。ユーザーインターフェース(UI)の設計、ユーザーエクスペリエンス(UX)の向上、レスポンシブデザインの実現など、幅広い業務を担当するためです。Webデザイナーは、クライアントの要望を理解し、ブランドのイメージやメッセージを反映したデザインを提供することが求められます。

フリーランスとして成功するWebデザイナーには、グラフィックデザインの基礎知識に加え、HTML、CSS、JavaScriptなどのWeb技術に関する深い理解が必要です。また、Adobe PhotoshopやAdobe Illustratorといったデザインツールの熟練した使用能力も不可欠です。さらに、最新のWebデザイントレンドやアクセシビリティ基準に対する知識も、効果的なWebサイトを制作する上で重要になります。

グラフィックデザイナー

フリーランスのグラフィックデザイナーは、ビジュアルコミュニケーションを通じてメッセージを伝えるのが主な仕事です。グラフィックデザイナーは、クリエイティブな専門家として広告、ブランディング、Webデザイン、出版物、製品パッケージングなど、さまざまなメディアとプラットフォームにわたるビジュアルデザインを制作します。具体的には、優れた芸術的センスと技術的スキルをもって、クライアントのビジョンやブランドアイデンティティを視覚的に表現することを目指すのです。

フリーランスのグラフィックデザイナーとして成功するためには、デザインの基本原則(レイアウト、色彩理論、タイポグラフィなど)に精通していることが不可欠です。また、Adobe Creative Suite(Photoshop、Illustrator、InDesign)などのデザインソフトウェアを熟知していることも、この仕事において重要なスキルとされます。フリーランスとして活動するには、自身のデザインスタイルを確立し、ポートフォリオを通じて潜在的なクライアントにアピールする能力が求められます。

映像クリエイター

フリーランスの映像クリエイターは、一般的にプロジェクトベースで働き、個人や企業から依頼を受けて特定のビデオプロジェクトを完成させます。映像クリエイターの業務範囲は、クライアントとの打ち合わせから、コンセプトの策定、シナリオの作成、撮影計画の立案、撮影、編集、そして最終的な納品に至るまでです。この過程では、クリエイティブなビジョンを現実の映像作品に変換するための技術的な知識とともに、プロジェクト管理能力も非常に重要になります。

映像クリエイターとして成功するためには、最新の映像技術とソフトウェアに精通していることが必要です。Adobe Premiere ProやFinal Cut Proといったビデオ編集ソフトウェア、After Effectsなどのモーショングラフィックスソフトウェアの知識は必須であり、これらを駆使してクリエイティブなアウトプットを生み出す技術と知識が求められます。また、独立して仕事を進める自己管理能力や、クライアントとのコミュニケーションスキルも、フリーランスとして成功する上で不可欠です。

イラストレーター

イラストレーターは、クリエイティブ系の仕事のなかでも、特に独自性と創造性が求められる職種です。イラストレーターの仕事の魅力は、自分の描くイラストが多くの人の目に触れ、時にはそれが特定の商品やサービスのブランドイメージを形作ることに貢献する点にあります。

フリーランスのイラストレーターとして成功するには、単に絵が上手なだけでなく、クライアントのニーズを理解し、要望に応える柔軟性や、トレンドを把握し、自身のスキルを常にアップデートすることが必要です。具体的な業務内容は、クライアントからの依頼に基づいてイラストの制作を行うことですが、プロジェクトによってはキャラクターデザインやストーリーボード作成、さらにはアニメーション制作に関わることもあります。

デジタル技術の進化により、イラストレーションの制作環境も大きく変化しています。多くのイラストレーターがデジタルツールを駆使して作品を制作しており、これにより作業の効率化はもちろん、新しい表現方法が可能になっています。しかしデジタル化の波は、技術の習得が求められるという新たな挑戦も生み出しているといえます。

カメラマン

フリーランスのカメラマンとして活躍するには、単に技術力が高いだけでなく、独自の視点や感性を持ち、それを形にできる能力が求められます。カメラマンとしてフリーランスで成功するには、撮影技術はもちろん、編集技術も備えている必要があります。さらにクライアントのニーズを的確に捉え、それを満たすための提案力やコミュニケーション能力も重要です。

フリーランスのカメラマンの業務内容は多岐にわたり、主には広告や雑誌、Webサイト用の写真撮影、イベントや結婚式の撮影、ポートレート撮影などがあります。これらの仕事を通じて、カメラマンは多様なシチュエーションや被写体に対応する柔軟性と、瞬間を捉える独自の眼差しを持つことが求められます。また、デジタル技術の進化に伴い、撮影後の画像編集や加工に関する知識も必要です。

④接客系

フリーランスの接客業は自分の時間や場所、価格を自由に設定し、活動する形態がほとんどです。働き方もオンラインや対面など、自由に設定できます。多岐に渡る接客系のフリーランスの職種のなかから、ここでは、以下の5つを紹介します。

  • 美容師
  • 占い師
  • カウンセラー
  • 営業(代行)
  • パーソナルトレーナー

美容師

フリーランスの美容師の働き方には、自身の店舗を構える、出張サービスを提供する、あるいは他店舗の一部を間借りして働く形態があります。自分の時間を自由に管理できることが大きな魅力であり、顧客のニーズに合わせて柔軟に対応することが可能です。しかし、安定した顧客基盤を築くまでは収入が不安定になりがちであり、自分自身で新規顧客を獲得するための努力が必要となります。

技術の習得だけでなく、SNSを活用した宣伝や口コミを通じた顧客の拡大など、マーケティング戦略も重要です。また、フリーランスとして成功するためには、顧客管理システムの導入や予約管理、会計管理など、ビジネス運営の側面も学ぶ必要があります。これらのスキルを習得することで、フリーランスの美容師として安定したキャリアを築くことができるでしょう。

占い師

フリーランスの占い師は、深い専門知識と高い対人スキルを要求される職業です。占い師は、人々の悩みや将来に対する不安に対して、占星術、タロットカード、手相読みなどの方法を用いてアドバイスを提供します。占い師の仕事の魅力は、未来を予測することではなく、クライアントの心に寄り添い、ポジティブな方向へ導くことにあります。

具体的な業務内容は、対面またはオンラインでのセッションを通じて、クライアントからの質問に答えたり、具体的なアドバイスを提供することです。このプロセスには、高度な聞き取り能力と、人々の心理を理解する洞察力が求められます。また、フリーランスとして成功するためには、マーケティングスキルやブランディングの知識も必要で、自分自身を市場にアピールし、信頼できる占い師としての評判を築くことが重要です。

占い師は人々の心の奥深くにある思いを理解し、希望や解決策を提示することで、多くの人々の人生にポジティブな影響を与えることができます。この職業は、単なる技術職以上のものを求められるため、深い人間理解と共感能力を持つ人にとっては、非常にやりがいのある仕事と言えるでしょう。

カウンセラー

カウンセラーは、心理的なサポートやアドバイスを提供し、クライアントの心の問題や生活の課題に対処することが主な仕事です。フリーランスとして活動するカウンセラーは、一対一でのセッションを通じて、個人の精神的健康をサポートする役割を担います。

カウンセラーとしての業務内容は多岐にわたり、主にはクライアントの話を聞き、問題の核心を見極めることから始まります。それに基づいて、適切な心理療法を用いてクライアントを導き、解決策を見出すためのサポートを行います。このプロセスでは、対人関係のスキルや高い聞き手としての能力が求められるため、人と深く関わることにやりがいを感じる人にとって非常に適した職種と言えるでしょう。

フリーランスのカウンセラーになるためには、専門的な知識や資格が必要な場合が多いです。例えば、心理学やカウンセリングに関する学位を持っている、または心理カウンセラーの資格を取得していることが望ましいです。さらに、実務経験を積むことで、より多くのクライアントから信頼されるようになります。

営業(代行)

フリーランスの営業あるいは営業代行業務は、企業や個人が提供する製品やサービスを市場に紹介し、販売促進や顧客獲得を目指す仕事です。

この職種は、市場分析、顧客ニーズの特定、効果的な販促戦略の立案と実行が主な仕事となります。具体的には、新規顧客の獲得、既存顧客との関係維持、商品やサービスのプレゼンテーション、商談の進行、契約の締結など、営業プロセス全般をカバーします。また、デジタルマーケティングの知識やSNSを活用した販促活動も重要です。

フリーランスの営業として成功するためには、コミュニケーション能力、交渉スキル、市場および製品知識、自己管理能力が不可欠です。顧客との長期的な信頼関係を築き、継続的なビジネスを生成することが、この職種の鍵となります。

パーソナルトレーナー

パーソナルトレーナーは、顧客の身体的な条件やニーズに合わせてパーソナライズされたトレーニングプランの作成と実施を行うのが主な仕事です。

フリーランスのパーソナルトレーナーとして成功するには、高いコミュニケーション能力と人間理解が求められます。クライアントが抱える様々な課題や目標に対して、効果的かつ安全なトレーニング方法を提案し、モチベーションの維持を助けることが重要です。また、栄養学や解剖学、生理学に関する専門知識も不可欠であり、この知識を活かしてクライアントに適切なアドバイスを行う必要があります。

フリーランスのパーソナルトレーナーは、ジムやフィットネスクラブと契約を結ぶこともあれば、自身のトレーニングスタジオを持つこともあります。また、オンラインでのトレーニングサービスを提供することによって、地理的な制限なく幅広いクライアントにサービスを提供することも可能です。この柔軟性はフリーランスとしての大きなメリットの一つであり、自身のライフスタイルや働き方に合わせて仕事を構築できます。

⑤経営・運営系

企業を経営するのも、一種のフリーランスといえます。ここでは特に以下の5つの経営・運営系の仕事について、紹介します。経営というと手続きが複雑、初期投資が必要、といったイメージがあるかもしれませんが、なかには手軽に開業できる仕事もあります。

  • ネットショップ
  • リラクゼーションサロン
  • シェアハウス
  • 投資
  • 士業

ネットショップ

ネットショップの運営は、インターネット上で商品やサービスを販売するオンラインストアの管理・運営を行うのが主な仕事です。この職種では、商品の選定から仕入れ、販売戦略の立案、Webサイトのデザイン、顧客サービスの管理、マーケティング活動まで、ネットショップの成功に必要な一連の業務を担当します。

フリーランスとしてネットショップを運営するメリットは多岐にわたります。自らのビジネスを立ち上げ、直接顧客との関係を築きながら、柔軟な働き方を実現できる点が最大の魅力です。また、特定の商品や市場に特化することで、独自のブランディングやマーケティング戦略を展開し、市場ニッチを確立することも可能です。一方で成功のためには、市場動向の把握、顧客ニーズの的確な理解、そして競合との差別化が必要不可欠となります。

具体的な業務内容は、日々のオペレーション管理に加え、Webサイトのトラフィックを増やすためのSEO対策やSNSを利用したプロモーション活動があります。さらに、顧客からのフィードバックをもとに、サービスや商品の改善を継続的に行う必要があります。フリーランスとして成功するためには、これらの業務を効率的に、かつ効果的に遂行することが必要です。

リラクゼーションサロン

リラクゼーションサロンの経営・運営は、フリーランスとして活動する上で独特の挑戦と機会となります。この分野でのフリーランスは、サロンの設立から運営、顧客サービスの提供に至るまで、多岐にわたる業務を担います。具体的な業務内容は、リラクゼーションサービスの提供、顧客管理、マーケティング戦略の策定、スタッフの管理と研修、財務管理などです。

フリーランスとしてリラクゼーションサロンを経営するにあたっては、自身のビジョンに基づいたサービスを創出し、独自の顧客体験を提供することで、市場内で差別化を図ることが可能です。デジタルマーケティングやSNSを活用した宣伝により、限られた予算内で効果的な顧客獲得戦略を実行することも、この職種のフリーランスには求められます。

シェアハウス運営

フリーランスのシェアハウス運営は、不動産の有効活用とコミュニティ形成の両方を目指せる仕事です。シェアハウス運営者は、物件の選定、リノベーション、テナント募集、管理、コミュニティ形成までを一手に担います。この仕事には、不動産市場の動向への理解や、デザインやマーケティングの知識が求められます。また、住人同士の交流を促進するイベントの企画や運営など、コミュニケーション能力も重要です。

シェアハウス運営を成功させるには、物件の立地や設備だけでなく、住人が快適に過ごせる環境を提供することが求められます。さらに、運営者は収益性の高いビジネスモデルを構築するために、財務管理のスキルも必要とされます。フリーランスとしてシェアハウス運営に携わることで、不動産経営と人とのつながりを深めることができる魅力的な職種です。

投資

フリーランス、つまり個人として投資を行い、生計を立てるには、個人のスキルや経験のほか、市場の動向を理解するための幅広い知識や、適切な投資戦略を立案・実行する能力が必要です。フリーランスとして投資に携わる場合、その業務内容は主に、市場分析、投資先の選定、リスク管理、そして投資ポートフォリオの最適化などが挙げられます。

フリーランスとして投資業務に従事するメリットは、高い自由度と柔軟性があることです。自分自身で働く時間や場所、投資する対象を選ぶことができ、自分のスキルや市場のニーズに応じて、仕事の内容を調整できます。また、成功すればその成果は直接自分の収入につながります。一方で市場は常に変動しているため、絶えず最新の情報をキャッチアップし、適切な判断を下す必要があるなど、高い専門性とリスク管理能力が求められるでしょう。

士業

士業の仕事は、専門的な知識を必要とする職業群を指し、フリーランスとして活動するにあたり、特定の資格や専門性が求められます。士業の分野には弁護士、公認会計士、司法書士、行政書士、税理士などが含まれ、それぞれが独自の専門分野を持ち、クライアントに対して高度なサービスを提供します。

フリーランスの士業として活動する場合、その業務内容は多岐にわたります。たとえば、弁護士であれば、法律相談から訴訟代理までを手掛け、公認会計士は会計監査や財務アドバイスを提供します。税理士は、税務申告や税金に関する相談を行うことが主な業務です。これらの職業は、個人や企業が直面する複雑な問題を解決するための専門知識を提供することにより、社会的にも重要な役割を果たしています。

フリーランスとして士業に従事するメリットは、高い専門性を活かしたサービス提供が可能であること、また自身のスキルと経験に基づいて仕事を選べる自由度の高さがあることです。一方で継続的な自己研鑽や資格の更新、クライアント獲得のためのマーケティング活動など、自身でビジネスを管理する上での課題も存在します。

⑥インフルエンサー系

フリーランスのインフルエンサー系の仕事の特徴は、SNSに特化したマーケティングをおもに行うことです。フォロワーと呼ばれるアカウントの登録者をより多く獲得したり、企業からの宣伝を請け負うことで報酬を獲得します。ここでは、以下の5つを紹介します。

  • Instagramアカウント運営
  • Twitter(現X)アカウント運営
  • ライバー(ライブ配信)
  • YouTubeアカウント運営
  • TikTokアカウント運営

Instagramアカウント運営

Instagramアカウント運営(インスタグラマー)は、写真や短いビデオを通じて、個人の趣味やライフスタイル、商品レビューなどを共有し、フォロワーとの強い結びつきを築くことで収益を生み出す仕事です。インスタグラマーとして安定した収益を上げるためには、ただ美しい写真を投稿するだけでなく、マーケティングの知識を活かしてターゲットを理解し、エンゲージメントを高めるための戦略を練る必要があります。

インスタグラマーとして成功するためには、一貫したテーマやブランドイメージを持ち、定期的に質の高いコンテンツを投稿することが重要です。また、スポンサーシップやアフィリエイトマーケティング、自身の商品やサービスの販売など、収益化の方法は多岐にわたります。効果的なハッシュタグの使用や他のインスタグラマーやブランドとのコラボレーションも、フォロワー数を増やし、影響力を拡大するための鍵です。

Twitter(現X)アカウント運営

Twitter(現X)アカウント運営は、個人または企業のブランド価値を高め、関連するコンテンツを通じてフォロワーとのエンゲージメントを促進することが主な仕事です。

具体的には、魅力的なコンテンツの企画・制作し、投稿スケジュールの管理を行い、フォロワーからのフィードバックに対応し、インプレッションや「いいね」、リポストなどの数値を分析します。

Twitter(現X)アカウント運営の仕事で成功するには、創造力、コミュニケーション能力、データ分析能力が不可欠です。これらのスキルを駆使することで、さまざまな業界において影響力を持ち、収益を生み出すことが期待できます。

ライバー(ライブ配信)

ライバー(ライブ配信)は、リアルタイムでの配信を通じて、視聴者と直接的なコミュニケーションを図るのが主な仕事です。具体的な業務内容は、ただ単に映像を配信するだけにとどまらず、エンターテイメントの提供、情報の発信、さらには商品やサービスのプロモーションも含まれます。

ライバーにとって重要なのは、視聴者を引きつけ、維持することであり、そのためには魅力的な内容の提供が不可欠です。配信する内容は多岐にわたり、趣味、専門知識、日常生活の様子など、視聴者の関心を惹きつけるものであれば何でも良いとされています。

ライバーとしてのフリーランスは、創造性と個性を活かし、直接的な視聴者との関わりを通じて、独自のブランドを築ける魅力的なキャリアパスです。しかし、成功を収めるには、内容の質の維持、視聴者との良好な関係構築、そして自己管理能力が重要になります。

YouTubeアカウント運営

YouTubeアカウント運営(YouTuber)は、フリーランスとして活動するインフルエンサー系の仕事の一つです。具体的には、動画コンテンツの企画、制作、編集、そしてYouTubeプラットフォームへのアップロードを含みます。

YouTuberは、視聴者とのコミュニケーション、コンテンツのマーケティング戦略、チャンネルの成長戦略を考えることも重要な業務です。成功するには、魅力的なコンテンツを定期的に提供し、視聴者の関心を引きつけ続ける必要があります。また、YouTubeのアルゴリズムを理解し、SEO(検索エンジン最適化)技術を活用して動画が検索結果に表示されやすくすることも重要です。

収益化するには、広告収入、スポンサーシップ、商品販売など複数の方法があり、最大化するためには、高い視聴者数とエンゲージメントが求められます。フリーランスとしてYouTubeアカウントを運営する場合、自己管理能力と継続的な学習が成功の鍵となります。

TikTokアカウント運営

TikTokアカウント運営(ティックトッカー)は、デジタルマーケティングの新しい潮流として重要な位置を占めている仕事です。具体的には、魅力的なコンテンツを制作し、TikTokというプラットフォームを通じて広く配信することが主な仕事となります。フリーランスとしてこの分野で活躍するには、トレンドを敏感に捉え、創造性豊かなコンテンツを継続的に生み出す能力が必要です。

TikTokアカウント運営の業務は、単に動画を投稿するだけではなく、アカウントの成長戦略を立て、フォロワーの獲得やエンゲージメントの向上を目指すマーケティングの知識も必要とされます。具体的には、ターゲットオーディエンスの分析、トレンドに合わせたコンテンツ企画、効果的なハッシュタグの使用、投稿スケジュールの管理など、幅広いスキルセットが求められる仕事です。また、ブランドや企業とのコラボレーションによるプロモーション活動も重要な業務の一つであり、これにより収益化を図ることもフリーランスとしての大きなメリットとなります。

フリーランスはどのように仕事を始めれば良い??4STEPを解説!

フリーランスはどのように仕事を始めれば良い??4STEPを解説!

ここからはフリーランスになったとき、どのように仕事を始めればよいか以下の4STEPにわけて具体的に解説します。フリーランスとして仕事をすることを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

  1. 仕事の分類・職種を決める
  2. 事前知識収集
  3. 仕事を受注する
  4. 売上を伸ばす

①仕事の分類・職種を決める

フリーランスとして仕事を始める第一歩は、自分がどの分野(仕事)で活動したいか(できるのか)を明確にすることから始まります。

この過程では、自身のスキルセット、興味、そして市場での需要を考慮することが必要です。自分に合った職種を選択することが、フリーランスとして成功する基盤となります。

また、フリーランスには個人事業主としての登録、適切な契約の理解、プロジェクト管理能力など、特定のスキルや知識が求められる場合があります。自分のスキルを適切に市場に合わせて展開し、需要のある分野で働くことが、フリーランスとして成功への鍵です。

②事前知識収集

フリーランスとしてキャリアをスタートさせるには、適切な事前知識が不可欠です。成功への道を切り拓くには、市場のニーズや自身のスキルセットの理解から始めます。

まず最初に、フリーランス市場の現状と将来性についての理解を深めることが重要です。技術の進化や業界のトレンドを把握し、どのようなスキルが求められているのか、どの業界で需要が高まっているのかを調査します。この情報は、自身が提供できるサービスの方向性を定め、目指すべき市場を特定するのに役立ちます。

次に、フリーランスとしての自己ブランディングやマーケティング戦略に関する知識が必要です。個人のスキルや経験を効果的にアピールし、見込み客に自身を知ってもらう方法を学びます。これには、ソーシャルメディアの活用、自分のウェブサイトやブログの運営、ネットワーキングの技術などが含まれます。自身の価値を適切に伝え、信頼を築くことが、仕事を獲得するための鍵となります。

③仕事を受注する

フリーランスとしてのキャリアをスタートさせる過程で、仕事を受注する段階は非常に重要です。このステップでは、プロジェクトの確保から契約までの過程を慎重に進める必要があります。

まず、仕事を探すプラットフォームを選定することから始めます。オンラインのフリーランス専用の仕事掲示板やSNS、業界固有のネットワークを利用することが一般的です。

次に、効果的な自己PRが不可欠です。プロフィールでは、自分のスキルセット、過去の実績、そして何よりも自分が提供できる価値を明確に伝えるべきです。ポートフォリオを充実させ、過去の成功事例を具体的に示すことで、クライアントの信頼を勝ち取ることができます。また、提案書には、プロジェクトへの理解を示し、具体的な解決策やアプローチを提示することが求められます。

④売上を伸ばす

フリーランスとして仕事を始めたあと、重要なのがこの「売上を伸ばす」ステップです。フリーランスは会社員とは異なり、プロジェクト単位で仕事を受注することがほとんどです。継続的に仕事をもらっていても、クライアントの都合や、新型コロナウイルス感染症の影響といった社会的な環境の変化によって、仕事が著しく減ることもあります。ここでは、以下の4つの売上を伸ばすポイントを、詳しく解説します。

  • コツコツとスキルを向上させる努力を惜しまない
  • 継続的な仕事は安定した収入に繋がりやすい
  • 質を高めて、顧客満足度を上げることが重要
  • 営業は欠かさず、複数の案件獲得を目標とする

コツコツとスキルを向上させる努力を惜しまない

フリーランスとして成功し、売上を伸ばすためには、スキルの向上が不可欠です。フリーランスである以上、自身のスキルと知識を継続的に向上させることは、より多くの仕事の機会を得るため、そしてそれによって売上を増やすために非常に重要です。

継続的な仕事は安定した収入に繋がりやすい

フリーランスとして売上を伸ばすためには、継続的な仕事を確保し、安定した収入へとつなげることが重要です。そのためには、自身のスキルセットを磨き、市場の需要に応え続けることが求められます。

一度仕事をしたクライアントとの信頼関係を築くことで、長期的なプロジェクトやリピートの依頼が得やすくなります。

質を高めて、顧客満足度を上げることが重要

フリーランスとしての売上を伸ばすためには、成果物の質を高めて顧客満足度を上げることが非常に重要です。これは、単に仕事をこなすだけではなく、提供するサービスや製品の質を向上させ、顧客にとっての価値を高めることを意味します。顧客満足度が高まれば、リピート依頼や口コミによる新規顧客の獲得が期待できます。

営業は欠かさず、複数の案件獲得を目標とする

フリーランスとしてのキャリアを成功させ、売上を伸ばすためには、営業活動を常に行い、複数の案件獲得を目指すことが不可欠です。このアプローチは、安定した収入源を確保し、仕事の幅を広げる上で重要な役割を果たします。フリーランスとして活動する上で、営業スキルはただ技術力を磨くだけではなく、自らのサービスを市場に提供し、顧客基盤を拡大する意味で、非常に重要です。

フリーランスになるときの準備や手続きをより詳しく知りたい方は、「フリーランスになるには?7つの準備や手続きと活躍するコツ」をご一読ください。

フリーランスのメリットは?

フリーランスのメリットは?

ここからはフリーランスとして仕事をする以下の3つのメリットについて、その特徴を詳しく解説します。

  • 自由な働き方が出来る
  • 早く終われば仕事は終わり
  • 自分の力で稼ぐやりがいがある

自由な働き方が出来る

フリーランスとして働く最大のメリットの一つは、働き方の自由度の高さです。フリーランスの働き方を選ぶことで、オフィスワークに縛られることなく、自分のライフスタイルや価値観に合わせた仕事の進め方を実現できます。特に、仕事と私生活のバランスを重視する人にとって、フリーランスは非常に魅力的な選択肢です。

早く終われば仕事は終わり

フリーランスとして働くメリットの一つに、「早く終われば仕事は終わり」という柔軟性が挙げられます。正社員は、定められた勤務時間があるため、仕事の進行状況に関わらず一定の時間をオフィスで過ごすことが求められます。しかしフリーランスとして働く場合、仕事の量や進捗に応じて自分のスケジュールを調整でき、タスクを早めに完了すればその分、プライベートな時間を増やすことが可能です。

自分の力で稼ぐやりがいがある

フリーランスとして働く最大の魅力の一つは、自らのスキルと努力に直接報酬が結びつくことです。フリーランスは、従業員としての安定した給料や昇進に頼るのではなく、自分自身の能力と働き方で直接収入を決定できます。それだけに高い報酬を得られたときは、まさに

「自分の力で稼いだ」というやりがいを、正社員の時よりも一層強く感じられるのです。

フリーランスのデメリットは?

フリーランスのデメリットは?

フリーランスとして働くメリットがある一方で、以下の3つのようなデメリットもあります。フリーランスとして働く前に、メリットとともにデメリットを比較し、十分に検討することが必要です。

  • ダラダラしてしまいがち
  • クレジットカード・ローンの審査が通りづらい
  • 収入が不安定になりがち

ダラダラしてしまいがち

フリーランスとして働く自由は多くのメリットをもたらしますが、自由度の高さにはデメリットもあります。特に「ダラダラしてしまいがち」という問題は、フリーランスの働き方において重要な課題の一つです。

フリーランスは、自己管理が求められる働き方であり、その自由度の高さが時に生産性を低下させる原因となることがある点は認識しておく必要があります。

クレジットカード・ローンの審査が通りづらい

フリーランスとしてのキャリアを選択することは、多くの自由を享受できる一方で、いくつかのデメリットも伴います。特に、クレジットカードやローンの審査においては、その影響が顕著です。

フリーランスは安定した収入が保証されていないため、金融機関から見れば返済能力に不安があると判断されがちです。従来、金融機関は申込者の収入の安定性や持続性を重視しており、正社員に比べてフリーランスはその基準を満たしにくいのが現状です。

収入が不安定になりがち

フリーランスとして働くとき、収入の不安定さは大きな課題です。フリーランスになることを選択した多くの人々は、プロジェクトベースで仕事を受けるため、月ごとの収入が一定でないという現実に直面します。

仕事が豊富にある時期は収入が増える一方で、案件が少ない時期は収入が大きく減少することがあるのです。これは、特に長期にわたる安定した収入を必要とする人々にとって、ネガティブな影響を及ぼすことがあります。

フリーランスの仕事ならエンジニアファクトリー

フリーランスの仕事ならエンジニアファクトリー

フリーランスとして働ける職種は多岐に渡ります。フリーランスとして働くことを決めるにあたって重要なのは、これまでのスキルや知識を生かせる職種を選ぶことや、より長いスパンで仕事ができるプロジェクトを選ぶことです。

もしフリーランスとして仕事を獲得するにあたり、営業スキルに少しでも不安があるなら、フリーランス向けの案件情報紹介サービスの「エンジニアファクトリー」を利用するのがおすすめです。

エンジニアファクトリーでは、無料会員登録することで、すぐに自分のスキルにマッチした案件を探せます。さらに万が一のリスクに備えた、報酬の即日払いや所得補償保険といった多様なサポートを受けることが可能です。

まとめ

フリーランス 仕事 一覧 まとめ

フリーランスとして働ける職種は、多種多様です。なかにはまったく経験がなくてもフリーランスとしての第一歩を踏み出せる職種もあります。ただしフリーランスとして活動するうえで重要なのは、継続的に安定した収入を得る手段を、早期に確保することです。この記事で紹介したフリーランスとしての仕事の始め方やメリット、デメリットを参考にフリーランスとしての第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。