フリーエンジニア・IT/WEB業界の求人案件

       
2024/03/04

Windows Serverとは?特徴や他のサーバーOSとの違いから利用方法も紹介

カテゴリ スキル
Windows Serverとは?特徴や他のサーバーOSとの違いから利用方法も紹介

Windows Serverは、マイクロソフト社が開発・提供しているサーバー用途に特化して最適化されたオペレーティングシステム(OS)です。

本記事では、Windows Serverの概要や特徴、他のサーバーOSとの違いやおすすめの利用法について解説します。Windows Serverの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

エージェントサービス「エンジニアファクトリー」では、ITフリーランスエンジニアの案件・求人の紹介を行っています。

紹介する案件の平均年商は810万円(※2023年4月 首都圏近郊のITエンジニア対象)となっており、スキルや言語によって高条件の案件と出会うことができます。

氏名やメールアドレス・使用できる言語を入力するだけで、簡単60秒ですぐにサポートを開始できます。案件にお困りのITフリーランスの方やより高条件の案件と巡り合いたいと考えている方は、ぜひご登録ください。

Windows Serverとは

Windows Serverとは

Windows Serverは、マイクロソフトが開発・提供するサーバー用オペレーティングシステム(OS)で、業務用システムやネットワークのインフラ構築のための多様なサーバー役割や機能を持っています。

2000年のWindows 2000 Serverから始まり、2012年にはWindows Server 2012が導入され、クラウド環境への対応を重視したモダンな設計が施されました。PowerShellの機能が大幅に強化され、新しい仮想ディスクフォーマット「ReFS」も導入されました。2016年のWindows Server 2016では、アプリケーションの隔離や配布を容易にするコンテナ技術が取り入れられ、2018年のWindows Server 2019では、新たな管理ツールとして「Windows Admin Center」が導入されました。

2021年にはWindows Server 2022がリリースされ、セキュリティ機能のさらなる拡充やAzureとの統合強化が実現しました。 このように、Windows Serverは時代の要請に応じて絶えず進化を続けており、企業のITインフラを支える中核としての役割を果たしています。

サーバーOSとは

サーバーOSとは、サーバーのハードウェア上で動作するオペレーティングシステムのことを指します。一般のデスクトップOSとは異なりサーバーOSは、多数のユーザーやクライアントマシンの要求を同時に処理し、データやアプリケーションの提供を円滑に行うことを最優先として設計されています。 ネットワーク管理の高度な機能、セキュリティの強化、大容量データの処理能力、高い拡張性・可用性などを備えているのが特徴です。

Windows Serverの特徴

Windows Serverの特徴

Windows Serverにはどのような特徴があるのでしょうか。ここからはWindows Serverの主な3つの特徴を詳しく見ていきます。

デスクトップ版Windowsと似たインターフェース

Windows Serverは、デスクトップ版Windowsと非常に似たユーザーインターフェースを持っています。これによりWindowsユーザーであれば、サーバーの操作や設定が直感的に行えるため、学習コストが低くなります。また、グラフィカルな操作画面を通じて複雑な設定やタスクも簡単に実施できるのが特長です。

統合された管理ツール

Windows Serverには、Active DirectoryやPowerShellなどの高度な管理ツールが組み込まれています。特にActive Directoryは、ユーザーやデバイスのアクセス権限管理を一元化でき、大規模な組織やネットワーク環境でも効率的な運用が可能です。PowerShellを利用すると自動化やバッチ処理を簡単に実装できるため、運用の効率化を図ることができます。

幅広いアプリケーションとの互換性

Windows Serverは、数多くのビジネスアプリケーションとの互換性が高い特徴があります。これは、ソフトウェア開発者がWindows環境での動作を前提としてアプリケーションを設計・開発するケースが多いためです。この互換性の高さにより、新しいアプリケーションの導入や既存のアプリケーションのアップグレードがスムーズに行えるのが大きな強みとなっています。

Windows Serverの利用場面

Windows Serverの利用場面

ここからはWindows Serverの利用シーンを詳しく解説します。Windows Serverはビジネスにおいてどのように活用されているのでしょうか。

ファイル共有や印刷といった業務

Windows Serverを活用することでファイル共有と印刷の業務効率が飛躍的に向上することが期待できます。 なぜならFile Servicesによる集中管理により、データの整合性が確保されるためです。さらにActive Directoryとの連携によって、アクセス権限を細かく設定することが可能になるため、データのセキュリティが向上します。

ビジネス向けアクセス管理

Windows Serverは、ビジネス向けアクセス管理の領域で業務効率の向上をもたらします。Active Directoryを使用することで、組織内のすべてのユーザーアカウントやリソースに対するアクセス制御を一元的に行うことが可能になります。さらに役割ベースのアクセス制御を導入することで、ユーザーの業務内容や役割に応じて効率的にアクセス権限を設定できます。

オンプレミスとAzureの連携

Windows Serverを活用すると、オンプレミスの環境とMicrosoftのクラウドサービスであるAzureとの連携がスムーズになります。この連携の強化は、いくつかの重要なメリットをもたらします。 まずデータとアプリケーションの移動性が大幅に向上します。またハイブリッドクラウドの環境を構築することで、オンプレミスとAzureのリソースを統一的に管理し、必要に応じて拡張や縮小を行うことが容易になります。

Windowsアプリケーションの運用

Windows Serverの活用は、特にWindowsアプリケーションの運用に関して多くのメリットがあります。Windows ServerとWindowsアプリケーションが同じエコシステム内で開発されているため両者の互換性が非常に高く、この高い互換性によりアプリケーションのインストールやアップデート、トラブルシューティングがスムーズに行えるのです。

Windows Serverと他のサーバーOSとの違い

Windows Serverと他のサーバーOSとの違い

Windows ServerはMicrosoftが開発・提供するサーバー向けのオペレーティングシステムであり、その特色はデスクトップ版のWindowsとの綿密な統合性にあります。このため、多くの企業や組織でWindowsベースのアプリケーションやツールの運用が容易となります。一方でLinuxやUNIX系のサーバーOSは、オープンソースのフレームワーク上で動作するため、カスタマイズの自由度が非常に高い特徴があります。これらのOSはテキストベースのインターフェースが主であり、スクリプトやコマンドラインを駆使しての運用が中心です。

Windows Serverの利用方法

Windows Serverの利用方法

Windows Serverを利用するにはまず、適切なWindows Serverのエディションとライセンスを選択する必要があります。ビジネスの規模や必要な機能に応じて、Standard、Datacenter、Essentialsなどのエディションから選択することが可能です。 インストールが完了したら、サーバーの名前、ネットワーク設定、アップデートの設定といった初期設定を行い、Active Directoryを設定することで、ユーザーアカウントやグループの管理、ポリシーの適用など、一元的なリソース管理が可能となります。

Windows Serverの求人ならエンジニアファクトリー

Windows Serverの求人ならエンジニアファクトリー

Windows Serverの求人をITエンジニア専門の転職エージェント「エンジニアファクトリー」で探してみると、フリーランス向け案件でWindowsサーバー設計構築、リモートで週2~3日勤務の仕事が月額73万円までの好条件で見つかります。その他にも都内を中心に多くの求人が掲載されているのです。

フリーランスとして働くにしても、転職するにしても、良いパートナーとしてのエージェント選びは重要といえます。

まとめ

Windows Serverまとめ

Windows Serverを扱うITエンジニアはサーバーエンジニアです。現在ではクラウドサービスや仮想化に関する案件で特に高い需要があるため、Windows Serverだけでなく、AWSやAzure、GCPといったクラウドサービスに関する知識も身につけることで、より需要のある人材に成長することが可能です。 本記事を読んでWindows Serverとサーバーエンジニアの仕事に興味を持った方は、エンジニアファクトリーで新しい仕事を探してみてはいかがでしょうか。