フリーエンジニア・IT/WEB業界の求人案件

       
2024/06/20

システムエンジニア(SE)はやめとけといわれる7つの理由

カテゴリ キャリア
システムエンジニア(SE)はやめとけといわれる7つの理由

システムエンジニア(SE)に関心を示したとき「やめとけ」と言われることがあります。

この記事ではシステムエンジニア(SE)はやめとけ、といわれる7つの理由と向いている人や向いていない人の特徴、システムエンジニア(SE)になる際の注意点などについて詳しく解説します。

フリーランスのシステムエンジニアのキャリア構築ならエンジニアファクトリー

エージェントサービス「エンジニアファクトリー」では、ITフリーランスエンジニアの案件・求人の紹介を行っています。掲載中の案件は4,000件以上。紹介する案件の平均年商は810万円(※2023年4月 首都圏近郊のITエンジニア対象)となっており、スキルや言語によって高条件の案件と出会うことができます。

氏名やメールアドレス・使用できる言語を入力するだけで、簡単60秒ですぐにサポートを開始できます。案件にお困りのITフリーランスの方やより高条件の案件と巡り合いたいと考えている方は、ぜひご登録ください。

システムエンジニアは本当にやめたほうがよいのか?

システムエンジニア(SE)は、社会のデジタル化を支える重要な役割を担う仕事です。しかしこの職種に対して「やめとけ」という声が上がることがあります。

一方でSEの仕事は多くの企業や社会にとって不可欠であり、その需要は高まる一方です。ここからは、システムエンジニアになるのは本当にやめたほうがよいのか、について、以下3つの観点から詳しく解説します。

●平均年収
●将来性
●フリーランスで働く選択肢も考える

平均年収

システムエンジニアの平均年収に関する議論は、この職業の魅力と課題の両方を浮き彫りにします。システムエンジニアは高収入で将来性のある職業と考える人もいるかもしれません。しかしシステムエンジニアの年収は経験やスキル、勤務地、そして雇用形態によって大きく異なります。特にフリーランスエンジニアの場合、プロジェクトによって収入が変動するため、安定した収入を求める人は不安定と感じるでしょう。

転職市場においてシステムエンジニアの需要は依然として高く、特定のスキルセットを持つエンジニアは高収入を得ることが可能です。しかし転職を考える際には、ただ高収入を追求するだけでなく、ワークライフバランスやキャリアの成長機会も重要な検討事項となります。

つまりシステムエンジニアとしての平均年収は、個々のキャリアパスや価値観によって大きく変わる可能性があるのです。

将来性

システムエンジニアの将来性については、業界内外からのさまざまな見方があります。技術の進化に伴い、システムエンジニアの需要は今後も増加すると考える人もいるようです。とくにAIやIoT、クラウドコンピューティングなどの新しい技術分野では、専門知識を持つエンジニアの需要が高まっています。これらの技術はビジネスのあり方を変え、新たな価値を生み出す可能性を秘めており、システムエンジニアはこれらの変化の最前線で活躍することが期待されているのです。

しかし一方で、システムエンジニアの仕事はプロジェクトによる収入の不安定さや長時間労働などの精神的、肉体的な負担が大きくなりがちという特徴があります。これらの課題に対応できるかどうかが、個々のエンジニアの将来性に大きく影響します。

フリーランスで働く選択肢も考える

システムエンジニアとして働くとき、正社員ではなくフリーランスとして働く選択肢があります。フリーランスになることでプロジェクトの選択権、勤務地や勤務時間の自由度が高まり、自身のスキルや経験を活かして高収入を得られる可能性が高まるのです。

しかし、フリーランスの道は決して簡単なものではありません。業界の厳しい現実を理解し、自分に合った働き方かどうかを慎重に考える必要があります。

フリーランスエンジニアになることを考える際、まず直面するのが案件獲得の難しさです。安定した収入を確保するためには継続的に案件を獲得し、クライアントとの良好な関係を築くことが求められます。

フリーランスとして成功するためには、専門性の高いスキルや、他のエンジニアと差別化できる能力が求められます。また失敗を恐れずに挑戦し続ける精神力も必要です。フリーランスエンジニアとしての道を選ぶには、これらの課題に対する準備と覚悟が不可欠です。

システムエンジニア(SE)はやめとけといわれる理由

システムエンジニア(SE)は「やめとけ」という声があるのは、やめたほうがよいと考えるいくつかの理由があるからです。ここでは、システムエンジニア(SE)はやめとけといわれる以下の7つの理由について、詳しく解説します。

●労働時間が長くなりがち
●キャリアアップが難しい
●給料が上がりづらい
●勉強し続ける必要がある
●スキルが身に付きづらい
●ストレス・プレッシャーがきつい
●AIの普及により仕事の範囲が狭まる

労働時間が長くなりがち

システムエンジニア(SE)の仕事は、長時間労働になりやすい特徴があります。これはプロジェクトの締め切りが迫っている場合、残業や休日出勤が必要になるためです。このような労働環境は体力的、精神的な負担が大きく、プライベートの時間が削られる原因となります。

長時間労働が常態化する背景には、技術の進化に迅速に対応する必要性や、クライアントの要求に応えるためのプレッシャーがあります。

システムエンジニア(SE)として成功するには、効率的な時間管理やストレスマネジメントのスキルが不可欠です。またキャリアパスを考える際には自身の働き方や生活の質を重視するか、収入やキャリアの成長を優先するか、そのバランスを見極めることが重要になります。

キャリアアップが難しい

システムエンジニア(SE)のキャリアパスは一見、多様な選択肢があるようにみえるかもしれません。しかし実際には、キャリアアップが難しい現状があります。

システムエンジニア(SE)は技術の進化に迅速に対応し、常に新しい知識を学び続ける必要があります。しかし日々の業務に追われる中で、自己研鑽の時間を確保することは困難なことがあるのです。またプロジェクトの成功はチーム全体の努力に依存するため、個人の貢献が直接的な昇進や給与アップに結びつきにくい状況もあります。

そのためSEがキャリアアップを目指すには、自己研鑽に努めると同時に柔軟なキャリアプランを持つことが求められます。

給料が上がりづらい

システムエンジニアの給料が上がりづらいのは、業界内に構造的な問題があるためです。

多くの場合、システムエンジニアはプロジェクトベースで働きます。そのため、その成果や貢献度に応じて報酬が決定されることが一般的です。このプロジェクトの規模や予算、納期が直接システムエンジニアの労働条件や給料に影響するのです。

特に下請け企業に所属するシステムエンジニアは、収入が低く抑えられがちであり、給料の上昇が期待しにくい状況にあります。

システムエンジニアとしてのキャリアを考える際には、これらの課題を理解し、自身のスキルやキャリアプランを見直すことが重要です。また給料の上昇が見込みにくい状況を打破するために、スキルアップやキャリアチェンジを検討することも一つの手段となり得ます。

勉強し続ける必要がある

システムエンジニアが直面する課題の一つが、技術の急速な進化に対応するために、常に学習を続けなければならない点です。

IT業界では新しい技術やツールが次々と登場します。そのため、それらを習得しないとプロジェクトでの競争力を維持することが難しくなるケースがたびたびあるのです。このような状況はシステムエンジニアにとって大きなストレスとなりやすく、仕事と学習の両立による時間的、精神的な負担が増大します。

システムエンジニアとして成功するには、技術の進化に対応するための継続的な学習が不可欠です。しかしこの状況が高いストレスとなり得るため、自身のライフスタイルやキャリアの目標と照らし合わせて、この職業が本当に自分に適しているかを慎重に考える必要があります。

スキルが身に付きづらい

システムエンジニアのスキルが身に付きづらい理由は、主にプロジェクトの性質と技術の進化の速さにあります。

システムエンジニアはプロジェクトごとに異なる業界や新たな知識を求められることが多いのが現状です。そのため一貫して特定の技術に集中してスキルを磨くことが難しく、結果として多くの技術について浅い知識しか持てないことがあります。

またシステムエンジニアとして成功するには技術的なスキルだけでなく、プロジェクト管理やコミュニケーション能力など、多様なスキルを身につける必要があります。しかしこれらのスキルが身に付きにくいことが、システムエンジニアはやめとけ、といわれる一因です。

ストレス・プレッシャーがきつい

プロジェクトの成否は、システムエンジニアの仕事ぶりに左右されることがあります。そのため締め切りに追われることが多く、プロジェクトの完成期限が近づくにつれて、ストレスとプレッシャーが増大する傾向があるのです。

またシステムエンジニアはトラブルシューティングの専門家としても期待されるため、予期せぬ問題が発生した際には、迅速な対応が求められます。これらの状況は、精神的な負担を大きくし、時には長時間労働につながるのです。

システムエンジニアとしてのキャリアは、確かにストレスやプレッシャーが伴います。一方でそれを乗り越えたときの達成感や、技術的な問題を解決する喜びは、他の職業では味わえないものです。この仕事を選ぶ際には、ストレス耐性や問題解決への情熱が重要な要素となります。

AIの普及により仕事の範囲が狭まる

AI技術の進化は、多くの業界で革新をもたらしています。しかしシステムエンジニアリングの分野においては、その影響は無視できない状況です。AIによるさまざまな作業の自動化が進むにつれて、従来システムエンジニアが担当していたタスクの一部がAIに置き換わる可能性があるためです。

たとえばコーディングの自動化やデータ分析、システムの監視などAIが効率的に行える作業は、システムエンジニアの仕事の範囲を狭めることになります。

このような変化は、システムエンジニアにとって良い面と良くない面で、二重の意味を持ちます。

AIの導入により単純で繰り返しの多い作業から解放され、より創造的で高度なタスクに集中できるようになるかもしれません。しかし一方でAIによる自動化が進んだために、システムエンジニアの仕事が減少し、仕事獲得における競争が激化する可能性もあるのです。

システムエンジニアに向いていない人

システムエンジニア(SE)としてのキャリアは、多くの人にとって魅力的な選択肢です。しかしすべての人に適しているわけではありません。特定の特徴を持つ人々は、この職業が自分に合わないと感じることがあります。

ここではシステムエンジニアに向いていない人の特徴のうち、以下の4つについて詳しく解説します。

●論理的な思考が苦手な人
●コミュニケーションを図るのが苦手な人
●マルチタスクが苦手な人
●そもそもITにあまり興味のない人

論理的な思考が苦手な人

システムエンジニア(SE)の仕事は、論理的思考と分析能力を駆使して問題を解決することが必要です。そのため論理的な思考が苦手な人は、システムエンジニアが向いていない可能性があります。

システムエンジニアリングの分野では、複雑な問題を分析し、効率的な解決策を設計する能力が不可欠です。このプロセスは、論理的な思考を基盤としています。

論理的に物事を考えるのが苦手な人は、このようなタスクを遂行する際に挑戦を感じるかもしれません。またプログラミングやシステム設計では、厳密な論理構造を理解し、適用する必要があります。このような作業に対して苦手意識を持つ人は、SEとしてのキャリアで満足感を得にくいでしょう。


コミュニケーションを図るのが苦手な人

システムエンジニア(SE)は技術的なスキルだけでなく、チームメンバーやクライアントとのコミュニケーション能力も必要です。そのため、コミュニケーションを図ることが苦手な人は、システムエンジニアには向いていないかもしれません。

システム開発のプロジェクトは多くの場合、チームでの作業です。プロジェクトの成功は、メンバー間の効果的なコミュニケーションに大きく依存します。

そのため、日常的に技術的な問題の解決策を見つけるだけでなく、それをチームメンバーやクライアントに適切かつ明確に伝える能力が求められます。コミュニケーションが苦手な人はこのような環境での作業において、不利な立場に置かれる可能性があるのです。


マルチタスクが苦手な人

システムエンジニア(SE)の仕事は、多岐にわたるタスクを同時に進行させる必要があります。そのためマルチタスクが苦手な人は、システムエンジニアに向いていないかもしれません。

システムエンジニアの仕事は、一つのプロジェクト内で複数の業務を同時にこなすことが求められます。一方でマルチタスクが苦手な人は、一度に複数の業務を進めることに圧倒されやすい傾向があります。

マルチタスクが苦手な人がSEとして成功するには、タスク管理のスキルを向上させることが重要です。

そもそもITにあまり興味のない人

システムエンジニア(SE)としてのキャリアは、IT技術への深い興味と継続的な学習意欲が必要不可欠です。そのためIT分野にあまり興味がない人は、システムエンジニアに向いていないといえます。

IT技術への興味が薄いと、新しい技術やプログラミング言語を学ぶモチベーションが低くなりがちです。このような状態では技術の進化に追いつくことが難しく、業務の効率や品質にも影響を及ぼす可能性があります。

ITに対する興味が薄い人でもシステムエンジニアとして働くことは可能です。しかしその場合は自身の興味や強みを見つけ、マーケティングやプロジェクト管理など強みを活かせる職種や業務にシフトすることを検討することが重要です。

システムエンジニアに向いている人

システムエンジニア(SE)として成功するには、特定の特性やスキルが必要です。この職種に向いている人は、技術的な問題解決に対する強い興味と情熱を持っています。また新しい技術やプログラミング言語を学ぶことに対して積極的で、常に自己研鑽を怠りません。このような特性は、IT業界の急速な変化に対応し、最新の技術トレンドを追い続ける上で不可欠です。

ここからは、システムエンジニアに向いている人のうち、以下の4つについて詳しく解説します。

● 論理的思考ができる人
● 柔軟な対応ができる人
● 体力のある人
● 学習意欲の高い人

論理的思考ができる人

システムエンジニアとして成功するには、論理的思考能力が不可欠です。プログラミングや仕様書の作成などコードの依存関係を理解する必要があるタスクでは、問題を論理的に解決する必要があるからです。

論理的思考は複雑な問題を分解し、それぞれの要素を系統的に分析することで、効率的な解決策を導き出す基盤となります。

システムエンジニアリングの分野では、日常的に技術的な課題に直面します。これらの課題に対処するには論理的に考えて問題の根本原因を特定し、適切な技術的解決策を提案する能力が必要です。論理的思考能力を持つ人は、このような状況で冷静に対応し、効果的なソリューションを考案できます。

柔軟な対応ができる人

システムエンジニアの仕事は、常に変化する技術や顧客の要求に対応する必要があります。このため柔軟な対応ができる人は、システムエンジニアとして成功する可能性が高いです。柔軟性を持つ人は、予期せぬ問題が発生した際にも冷静に対処し、創造的な解決策を見出すことができます。

技術の進歩は速く、新しいプログラミング言語やフレームワークが次々と登場します。柔軟な思考を持つシステムエンジニアは、これらの新技術を迅速に学習し、プロジェクトに適用することが可能です。また顧客のニーズやプロジェクトの要件が変更された場合にも、柔軟に対応し、プロジェクトを成功に導きます。

体力のある人

システムエンジニアの仕事は、精神的なストレスだけでなく、肉体的な負担も伴います。長時間のデスクワーク、緊急時の対応、プロジェクトの締め切りに追われることも少なくありません。このような状況に耐え、持続的に業務を遂行できる体力は、システムエンジニアにとって不可欠な資質です。

体力がある人は、長時間労働や夜間作業が必要な場合でも効率的にタスクをこなせます。また体力の維持は、集中力や判断力を高めることにもつながり、プロジェクトの成功に貢献します。

学習意欲の高い人

システムエンジニアとして成功するには、技術の進化に対応し続ける学習意欲が不可欠です。技術の世界は日々進化しており、新しいプログラミング言語や開発手法が次々と登場します。このような環境で活躍するには、自ら学び、知識を更新し続ける意欲が求められます。

学習意欲の高い人は新しい技術や知識に対して好奇心を持ち積極的に学習することで、常に最新の技術トレンドを把握し、プロジェクトに活かせます。また問題解決のために必要な知識を迅速に習得し、効率的な解決策を提案することが可能です。

このように学習意欲の高さは、個人の成長だけでなくチーム全体の技術力向上にも寄与するため、システムエンジニアとしての価値を高める重要な要素です。

システムエンジニアになるときの注意点

システムエンジニア(SE)になるときは、職業ならではの課題や懸念について理解することが重要です。

ここではシステムエンジニアになるときの以下の3つの注意点について、詳しく解説します。

●目指す目的を明確にする
●就職先は十分に吟味する
●未経験の場合はまず経験を積む


目指す目的を明確にする

システムエンジニアを目指す際には、自分が何を目的としているのかを明確にすることが重要です。

システムエンジニアの仕事には多くの魅力がありますが、同時に多くの課題も存在します。たとえばキャリアアップが難しい、長時間労働が常態化しているといったことです。これらの課題に対して自分がどのように向き合い、乗り越えていくかを考えることが、成功への第一歩となります。


就職先は十分に吟味する

システムエンジニアとしてのキャリアをスタートさせるにあたっては、就職先の絞り込みが重要になります。

IT業界ではプロジェクトの種類や働く環境、待遇などが会社によって大きく異なるため、自分に合った企業を見つけることが成功の鍵です。とくにシステムエンジニアは稼働時間が多く、下請け企業に入ると給料が低くなる傾向にあります。その一方で平均年収が高く将来性があるメリットもあるのです。

そのため、自分の価値観やキャリアプランに合った企業を慎重に選ぶことが求められます。


未経験の場合はまず経験を積む


システムエンジニア(SE)になる際、特に未経験者はいくつかの重要な注意点を把握しておく必要があります。

未経験からシステムエンジニアのキャリアをスタートさせる場合の最初の難関は、実務経験を積むことです。実際のプロジェクトに携わり、技術的なスキルや問題解決能力を身につけることが、この職種で成功するために不可欠です。しかし未経験者が直面する最大の課題は、そもそも経験を積む機会を得ることが難しいという点にあります。

システムエンジニアとしてのキャリアを築くためには、まずは小さなプロジェクトやインターンシップから始め、徐々に実務経験を積み重ねていくことが推奨されます。また転職エージェントの活用も有効な手段の一つです。

SE(システムエンジニア)の求人ならエンジニアファクトリー

システムエンジニアに興味を持った人に対する「やめとけ」という忠告には、いくつかの理由があることがわかります。ただしすべての人に対してシステムエンジニアが向いていないわけではありません。

ITに興味があり、論理的思考が身についており、最新技術の学習意欲が高い人はシステムエンジニアとして活躍できるでしょう。

なかでも、フリーランスのシステムエンジニアに興味がある方には、働くエリア、職種、身に着けたスキルから案件を絞り込める「エンジニアファクトリー」の利用がおすすめです。

正社員からフリーランスへ業態を変えたい方も、ご利用いただけます。まずは無料で開院登録して自分に合った案件を探してみてはいかがでしょうか。

まとめ

システムエンジニア(SE)の仕事には長時間労働やプロジェクトの厳しい締め切り、体力的な負担、クライアントとのストレスなど多くの課題があります。

しかしこれらの課題にもかかわらず、適切なワークライフバランスの維持や転職エージェントの活用など、キャリアを充実させる方法も存在します。

システムエンジニア(SE)としての道を選ぶかどうかは、個々の価値観やキャリアに対する期待に大きく依存します。しかしこの記事で紹介したように、システムエンジニア(SE)の仕事にまつわる課題を理解し、それに対処する準備ができているかどうかを自問自答することが重要です。